*

ガヤナエコリゾート/ブンガラヤリゾート

公開日: : 最終更新日:2017/04/22 ホテル , ,



IMG_9737_20100418162739.jpg
IMG_9704_20100418162739.jpg

コタキナバルの向かい、ボートでわずか15分のガヤ島。この島に以前からあった「ガヤナリゾート」は2008年に経営者がかわり、改装されてより快適な「ガヤナ・エコ・リゾート」に生まれ変わりました。

さらに昨年、姉妹リゾートのブンガラヤリゾートも島の反対側にオープン。こちらはガヤナリゾートよりさらにゴージャス!一番高いお部屋はなんと一泊20万円!誰が利用するの?と思っちゃいますが、マレーシアのお金持ちや政治家の方たちも利用しているんだそう。

そこまでセレブなお部屋には手が届きませんが、ガヤナリゾートならちょっと奮発すれば手が届くお値段、そしてそれだけの価値のあるリゾートなので、少し紹介したいと思います。

ガヤナは全室水上コテージ。現在お部屋は5タイプ。
レインフォレストヴィラ<ラグーンヴィラ<マングローブヴィラ<オーシャンヴィラ<パームヴィラの順に景観がよくなります。レインフォレストヴィラには他のヴィラより広めの陸側に面したバルコニーがあり、マングローブヴィラ、オーシャンヴィラ、パームヴィラのお部屋はバルコニーからそのまま海に入れる階段が設置されています。

一番高級なパームヴィラはバスタブ付きで、お部屋は下の海が見えるガラス床になっている部分も。

それ以外のガヤナのお部屋はほとんどがバスタブなしのシャワーのみですが水周りはTOTO製品でお湯もしっかり出るし使いやすいです。一方ブンガラヤはバスタブ付きで各部屋のバルコニーにも専用のジャグジープールがあります。

水上コテージの下の海はすこし緑がかって透明度はそれほど高くなく、マブール島やマンタナニ島の様なコバルトブルーの海~!っていう感激はありませんが、ダイブセンター付近で潜ってみるとまわりの他の島よりずっと魚の種類が多くてシュノーケリングは結構楽しめます。

海で泳ぐのもいいけどプールやリゾートでのんびりもおすすめ。リゾート自慢のインフィニティプールは海とプールの境を感じさせない作りになっており、プールに浸ってるだけで、目の前に開ける海、空との一体感が味わえちゃいます。

他にもミニ水族館や海の生き物に触れるタッチタンクのあるマリンセンター、シーフードレストランで養殖している巨大なサメやガルーパへの餌やりの見学もお見逃しなく。

そして海だけでなくジャングルも楽しめるのがこの島のすごいところ。ラサリアの自然保護区なんて目じゃないくらいの本格的なジャングルがリゾートの真後ろに控えており、虫の声に包まれ、ホーンビルの飛び交う姿も見られます。

リゾート内には洋食&ローカル料理中心のMacacレストランと中華系シーフードのAluAluシーフードレストランの二つのレストランがあります。リゾート価格&島価格なのでかなりお高め…。なので一食でも安く上げたい方は初日は早めにジェッセルトンポイントのガヤナのオフィスに行って荷物を預け、12:30の出航時間の前にジェッセルトンポイントやスリアサバのフードコートなどで昼ご飯を食べておくといいでしょう。

朝食はMacacレストランでのビュッフェになります。メイン料理はメニュー表から注文するオーダービュッフェですが、どれも美味しそうで迷っちゃいます。また、オーシャンビュー、マングローブビューのお部屋の場合、朝食をボートで海からバルコニーに運んできてもらって、バルコニーやお部屋で食べることも可能です。

気になる一泊一部屋のお値段は、正規料金だと一番安いお部屋で一泊350USD〜ですが、agodaなどのホテル予約サイトでは直前になるとRM800程度まで割引になることも。

一泊じゃ短いし、この値段じゃ何泊もするのは厳しいなぁと思われるかもしれませんが一泊二日でも十分楽しめるのがここの良いところ。
二日目は帰りのボートが1時と4時から選べます。4時戻りなら出航ぎりぎりまで一日のんびりできますし、11時ごろからブンガラヤリゾートにボートで連れて行ってもらってそちらのリゾートを利用することもできちゃいます。

ブンガラヤはまだ利用者が少ないので、プライベートリゾート感がたっぷり味わえます。ブンガラヤのインフィニティプールでのんびりするもよし、ジャングルの中のスパで癒されるもよし。ビーチで遊ぶもよし。ガヤナのビーチはいまいちですが、ブンガラヤ側の海は広い白砂のビーチに青い海!ビーチ好きな方も満足のいく美しさです。

ブンガラヤは水上コテージではなく陸上のバンガローなのですが、あまりのゴージャスさと眺めの良さに「いつかはここに泊まってみたい!」と思うこと間違いなし。

1泊泊まっただけでも日頃の喧噪や仕事の疲れから開放されて、非日常を味わえる素敵なリゾート。
もちろん、余裕のあるかたはじっくり何泊しても良いと思います。特にハネムーンにはぴったりの場所でしょうね。

なんだか褒めるばっかりになってしまいましたが、やっぱりまだまだ成長過程のリゾートという感じでサービスや細かい部分はシャングリラリゾートのような大手のサービスの方が洗練されているのは確かです。でもスタッフはみんなとってもフレンドリーでのんびりした雰囲気もここの味なので、今の良さを失わずにこのままより良いリゾートに育って行ってほしいと思います。

■ Gayana Eco Resort HP agoda

■ Bunga Raya Island Resort & Spa HP agoda



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑