*

成興茶室のトムヤムヌードル屋台、アーチートムヤムが独立!

公開日: : 最終更新日:2021/02/26 グルメ , , ,



IMG_1410
トムヤムミーとトゥアランミーで人気だったメリディアンホテル裏の食堂「成興茶室(センヒン)」。コタキナバル在住者やリピーターさんなら一度は食べに行った事がある方も多いのではないでしょうか。

関連記事:
成興茶室のトゥアランミーとトムヤムミー
コタキナバルで食べるご当地麺、トゥアランミーゴレン

成興茶室は一つの店舗内で複数の屋台が営業するスタイルで、料理を作っているのはそれぞれ別の屋台だったのですが、なんと!今回そのうち看板メニューのひとつ、トムヤムミーを作っていた屋台「阿志(アーチー)」が独立して自分のお店をオープンさせました!

移転先は街中やや北寄りのスガマ地区でチキンライスで有名なウィヤ・ナシアヤムの5軒ほど隣です。ハイアットホライズンホテルからもすぐ近く。
2020年12月追記)アーチートムヤムは郊外のMarket88に移転しました。

IMG_4482
青い看板が目印です。11時ごろという中途半端な時間に行ったけどほぼ満席でした。

IMG_4551
メニューは写真左から、トムヤムミー、ライスワインプロウンミー(黄酒蝦面)、タイ風カキアヤム(鶏足)の屋台時代からの3メニューに加え、新メニューのラクサも登場!

成興茶室では他にラクサの屋台が出店していたので阿志の屋台ではラクサは作ってなかったのですが、ここのラクサもちょっと気になりますね。(メニュー写真のいちばん右の写真は魚卵?お店を出るときにメニューの写真を撮ったので気づきませんでしたが、今度行ったら聞いてみよう。)

とりあえずお店が移転して味が変わってないか確かめるため、定番のトムヤム(ミーフン)と大好物のカキアヤム(鶏足のマリネ)を注文。

IMG_4505
美味し〜!味は今まで通りです。

トムヤムはエビたっぷりでひき肉のコクが隠し味。ミルキー&マイルドなスープは見た目ほど辛くなくて全部飲み干してしまう程。
最初パクチーが載ってなかったので、お店の人に聞いたら別皿でたっぷり盛ってきてくれました。

IMG_4534

鶏足のマリネはさっぱり味の冷製サラダで濃厚なトムヤムとの相性もぴったり。鶏足って小骨があって食べにくいのが難点ですが、ここの鶏足は綺麗に骨が取られていて食べやすく、コリコリした食感がたまりません。鶏足(モミジ)&パクチー好きな方は是非頼んでみてください。

「新しいお店になって値上げした?」と聞いたら「前と同じよ〜」と店員さんは言ってましたが、麺類は前はたしかRM10だったのでRM11になっててRM1上がってる気がする…。大盛りだとRM13。といっても一杯300円程度なので日本からの旅行者にとってはまだ安いですね。

2016年8月追記)元のアーチーの屋台が入っていた成興茶室ではアーチーが抜けた後センヒンのオーナーがアーチーと全く同じメニュー、レシピでトムヤムや鶏足のマリネの屋台を始めました(調理人を引き抜き??)。なので現在はセンヒンでもほぼ同じ味のトムヤムを食べることができます。

2020年12月追記)アーチートムヤムは郊外のMarket88に移転しました。

■Kedai Kopi Ah Chee Tom Yam (クダイコピ アーチー トムヤム)
アクセス 郵便局とウィスマムルデカの間の大通りに面した並び。チキンライスの人気店Wiya Nasi Ayamの数軒隣。
営業時間:6:30〜16:00 不定休
SERVE NO PORK

関連記事:
成興茶室のトゥアランミーとトムヤムミー
旺旺(ワンワン)のトムヤムミー
オーシャンキングのトムヤムミー



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑