*

Uber vs. Grab ライドシェア利用比較!

公開日: : 最終更新日:2018/08/09 一般情報

スポンサーリンク


taxi-uber-grab
一般の車をタクシー代わりに呼び出せるライドシェアアプリ。

今年5月にコタキナバルでUber(ウーバー)がサービスを開始した際にこのブログでもご紹介しましたが、その後9月からGrab(グラブ)もこちらでのライドシェアのサービスを始めました。

※2018年4月よりUberは東南アジア市場から撤退し、Grabに統合されました。今後コタキナバルに来られる方はGrabをインストールして来てください。

アメリカ発のUberは日本でも名前を知られていますが、Grabは聞いたことない方も多いかもしれませんね。元々MyTeksiというマレーシアのタクシー呼び出しアプリからスタートしたこの会社は現在はシンガポールに本社を移し、マレーシア、シンガポール、インドネシア、タイ、ベトナム、フィリピンの東南アジア6ヶ国でライドシェアサービスを展開しています。筆頭株主はソフトバンク。

これまでコタキナバルとクアラルンプールでUber、Grabを利用してみて、気づいたそれぞれの違いや使い分けについてまとめてみます。

使い方はどちらもほぼ同じ

img_1562 img_1561

どちらのアプリも基本は、

①アプリを立ち上げて、ピックアップしてほしい現在地と送ってほしい行き先を選択し、料金を確認して呼び出し。

②最寄りの車が確保されるとドライバーの名前、車種、ナンバー、車の現在地、が表示され、車がお迎えに向かってきます。
(呼び出して5分以内ならキャンセル可能)

③お迎えの車が到着すると到着の表示が出るので、ナンバーや車種で車を見つけて乗り込みます。

④目的地に着いたらカード払い選択ならそのまま車を降りるだけ。現金払い選択の場合は画面に表示された料金を支払い。

⑤登録してあるメールアドレス宛にレシートが届きます。ドライバーの評価画面が出るので5段階評価をつけます。

UberとGrabの違い

もっとも大きな違いは料金体系

Uber:呼び出し時に表示される金額は目安額であって、実際に支払う金額は走行距離と走行時間によって計算されるので、メータータクシー同様支払額は目的地に到着するまでわかりません。

Grab:呼び出し時に表示される金額=支払額。これも同じ距離でも時間帯などによって料金が変わりますが、あらかじめ払う額がはっきりしていて明朗会計。

最初に表示される料金はGrabよりUberの方が安いことが多いです(上のスクリーンショットを例にとると空港→センターポイントがUberはRM7〜10、GrabはRM10)。ただそれでUberに乗ってみたら、渋滞にはまったり、運転手さんが道を間違えたりして結局Grabの料金より高くついた、というケースもありました。

Grabの方が車が捕まりやすい。

これはあくまで私がこれまで使ってみての経験則なので場所によるのかもしれませんが、早朝など車の少ない時間に両方に呼び出しをかけると、Uberではマッチング不成立でお迎えに行けませんと言われてGrabではすぐ捕まるということが良くあります。

聞いた話ではGrabの方がドライバーの報酬(取り分)が多いため、Uber、Grabどちらにも登録しているドライバーさんは同時に呼び出しがかかった場合はGrabのお客さんを優先的に取る傾向が強いのだとか。

タクシーと比べればどちらも断然安くて便利

以上をふまえて私はGrabとUberで料金に大きな差がない場合はGrabを使うことが多いですが、まずはどちらでも使ってみるとその安さと便利さに驚くこと間違いなし。コタキナバルでは流しのタクシーを捕まえるのは難しく、また物価に対してタクシー料金がとても高いです。コタキナバルの街と空港間、タクシーだとRM30固定ですが、Grabなら通常RM10程度で行けるのでその差3倍!

またクアラルンプール空港(KLIA)からクアラルンプール市内のKLセントラル駅まで電車のKLIAエクスプレスを利用すると一人RM55ですが、Grabなら一台RM65。二人以上ならGrabで宿泊先のホテルに直接乗り付けた方が安くて楽です。

難点はどちらのアプリを使うにしてもネットに繋がっているスマホが必要だということ。タクシーを利用する予定のある方はぜひ現地で使えるモバイルWifiやSIMカードを手に入れておきましょう。

また登録には携帯番号での認証が必要なので、アプリのダウンロードとアカウント登録は旅行前に日本でやっておくことをおすすめします。

Grabの登録ページから登録すればプロモで初回利用RM10オフの割引になるので、空港ーコタキナバル市街地の運賃が浮きますよ。

使う前はなんだかややこしそうに思えますが、実際に使ってみるととにかく快適!これを使い始めたらもうマレーシアで普通のタクシーには乗れません。海外旅行の際にはタクシーより便利なライドシェア、ぜひ体験してみてくださいね。



おすすめ記事

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

ムル国立公園近くの温泉 / Lipang Lewan’s Hot Spring, Mulu, Sarawak

今回ムルで家族が村の中をジョギングしてたときに見つけたこち

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑