*

コタキナバル空港シャトルバス

公開日: : 最終更新日:2016/07/28 一般情報



IMG_6810

2013年12月に開始された空港とコタキナバルの街を結ぶシャトルバスサービス。これまで空港第1ターミナル⇄空港第2ターミナル⇄市街地の順路で回っていましたが、先月よりエアアジアが第1ターミナルに移り、第2ターミナルは貨物専用となったことに伴い、バスのルートとスケジュールが変更になりました。

以下2015年1月現在の最新の情報をご案内します。

料金:大人RM5、子供(11歳以下)RM3
(降りる場所に関係なく一律の片道料金。だっこで膝の上にのせる赤ちゃんは無料)

定員:20席

順路:
空港第一ターミナル⇄センターポイント・アジアシティ前⇄ホライズンホテル⇄ムルデカ広場前バス停

利用される方は空港到着後、到着ロビー中央、ツーリストインフォメーションの隣にある写真のカウンターに行ってチケットを購入します。AIRPORT BUSの看板が目印です。

IMG_3947

街での停車場所は以下の地図の赤いマークの場所。センターポイント前、ホライズンホテル、ムルデカ広場の順に停まります。

IMG_6817

まず最初に停まるのがセンターポイント前。どのホテルへ行くにも少し歩きますが、比較的近いのはシティテルエクスプレスメリディアン、そしてクラガンホテルなどのワリサンスクエア内のホテル、PODsなどのアピアピセンター内の宿。帰り空港に行く際は降りた場所(センターポイント前)ではなく大通りを渡った反対車線のアジアシティコンプレックス前のバス停が乗り場になるのでご注意を。

IMG_6829

センターポイント前のお客さんを降ろした後はホライズンホテル前に停まります。マンダリンホテル、サマーロッジ、レインフォレストロッジなどガヤストリート周辺にお泊まりの方もこちらが便利です。帰りの空港行きのバスはホテル裏のバス停に止まります(上写真)。チケットカウンターはないのでバスが来たら車内で直接払い。

IMG_6825

終点はムルデカ広場前の乗り場。写真後方に写っているのはドリームテルホテル。このまわりにはドリームテルくらいしかホテルはありませんが、バックパッカー宿が集まるガヤストリートやオーストラリアンプレイスも徒歩圏内。帰りの空港行きはこのバス停からの出発となり、写真手前の看板の裏側がチケットカウンターになっているので、そちらで係員からチケットを購入します。

IMG_3951

こちらが時刻表。街からの出発時刻はムルデカ広場前バス停発の時間です。ホライズンホテル裏のバス停に停まるのはその5分〜10分後、アジアシティ前のバス乗り場にシャトルバスが来るのは書かれている時刻の15分後くらいが目安ですが、ムルデカ広場前の始発バス停で定員一杯になってしまうとあとのバス停には停まらない場合もあります。確実に乗れるとは限らないので、その場合はタクシーを利用するなど臨機応変に。

空港に着く時間はだいたい出発時間の30〜40分後ですが、17時台のバスは帰宅渋滞の時間と重なるので少なくとも1時間は余裕を見ておきましょう。

そういったことを考えると日中の到着でドリームテル、ホライズンホテルやガヤストリート周辺の宿にお泊まりの一人旅やバックパッカーの方には利用価値大なサービスですが、それ以外のホテルやスーツケースなどの荷物がある場合にはタクシー(RM30)やUber(RM6〜9)の方が楽で確実です。

関連記事:
コタキナバル国際空港
コタキナバルのタクシー
コタキナバル空港、深夜到着に関するQ&A
コタキナバルでUberを使ってみた



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑