*

Sabah Fest 2014(サバフェス) 5/2〜5/4開催!

公開日: : お知らせ



10299977_10152449886726204_6918781872268136469_n

明日から5月。ボルネオ・サバ州の収穫祭シーズンがやってきます。この一ヶ月は州内各地でお祝いのイベントが目白押しなのですが、その幕開けを飾るのが毎年恒例の文化イベント「サバフェス」です。

毎年5月の最初の週末に行なわれるこのイベント、今年は5/2〜4の3日間開催で、会場は去年と同様コタキナバルの中心部からタクシーで15分ほどの場所にあるJKKN(Jabatan Kebudayaan dan Kesenian Negeri Sabah/サバ州文化芸術局)の文化施設になります。

この3日間の毎日17時〜22時の間、こちらではサバ州内の各民族によるハンディクラフトの制作実演、民族楽器の演奏、民族舞踊の披露や伝統料理の試食、販売などが行なわれます。そして、フェスの一番の目玉となるなのが、毎年違ったテーマで演じられるミュージカル仕立てのステージパフォーマンス。今年は5/2と5/4の20:00〜21:30の二日公演で、テーマは「Aki Nabalu」。キナバルの語源となった「Aki(ご先祖)」の魂が上っていく「Nabalu(高い)」場所、すなわち霊峰キナバル山にまつわる信仰や言い伝えをテーマにした作品が演じられます。各民族の伝統舞踊を織り交ぜながら、サバ州のトップダンサーやアーティストの競演によって繰り広げられる豪華なステージパフォーマンスは一見の価値ありですよ。

943591_10151672805801204_1771333663_n(昨年のステージ)

サバフェス自体は入場無料で展示ブースは誰でも覗けますが、ホールで行なわれるこちらのステージはチケット制でひとりRM50です。今年からはオンラインでチケットが購入できるようになって旅行者の方も参加しやすくなったので、ご滞在中で興味のある方はぜひ行かれてみてはいかがでしょう。

SABAH FEST オフィシャルHP

maps-1

HPよりリンクの会場地図と連絡先(クリックで拡大)。かなりアバウトな地図ですが、要はサバ州立博物館とクイーンエリザベス病院の間の道をまっすぐ行くと左手に見えてくる赤い屋根の変わったデザインの大きな建物一帯が会場です。

 



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑