*

コタキナバルのジョギングスポット

公開日: : 最終更新日:2016/08/12 観光スポット



IMG_3165.jpg

ボルネオ国際マラソンまであと半月!地元ランナーの皆さんもトレーニングに熱が入って来ています。

日本でもランニングブームがすっかり定着し走ることを習慣にしている方も増えてきましたね。旅行先にもランニングシューズを持っていって、機会があれば走りたい!という方もいらっしゃるかと思います。コタキナバルで旅行者が走る場合、手っ取り早いのはホテルの内のジムやリゾートの敷地内ですが、できれば地元ランナーが走っているようなジョギングコースを試してみたい、という方のために、コタキナバルのランニングスポットをまとめました。

■Perdana Park プルダナパーク
タンジュンアルのファーストビーチ近くの公園。シャングリラ・タンジュンアルお泊まりのランナーならホテルから軽く走って行ける距離(約3km)の場所にあります。池の周りを回るコース(アップダウンあり)と公園の外周を回るコース(平らで一周約800m)があり。夜は7時半〜10時まで噴水のショーをやっていいて人も多く明るいのでナイトランも可能。水の管理会社がスポンサーの公園なので無料の飲料水ディスペンサーがあります。

関連記事:プルダナパーク

■Likas Sports Complex リカス・スポーツコンプレックス
コタキナバルの市街地からタクシーで15〜20分程度。ボルネオマラソンのスタート/ゴール地点になっているリカススタジアムの向かい側です。池の周りを回るコースで一周1km弱。夕暮れ時は池に写る夕焼けがとても綺麗ですが6時半を過ぎると一気に暗くなるので注意。自然が多くて花や鳥も楽しめ、走っていて気持ちのいいコース。周りに市民プールやテニスコート、バドミントンコート、ゴルフの打ちっぱなし、ロッククライミング場などもあります。

■Tun Fuad Stephan Park/ Bukit Padang トゥン・ファド・ステファン・パーク(通称ブキッ・パダン)
コタキナバル市街地からはタクシーで20分程度の郊外。Bukit(丘)という地名の通りアップダウンの多いコース。一周約2km。ジョギングコースとは別に丘のてっぺんまで登るトレイルもあり、丘の上からみる夕日や街を見下ろす景色はなかなかのもの。ジョギングコースス沿いの池の上にはシーフードレストラン「カンポンネラヤン」があるので、夕方から軽くランニングorウォーキングした後、夕食を食べて帰るというのもいいかもしれませんね。

■Rainforest Park / Taman Ujana Rimba Tropika  タマン・リンバ
サバミュージアムの先、ピナンパン通り沿いにある大きな公園。コタキナバル市街地からはタクシーで15分程度。上記3箇所は池の周りを走るコースですが、こちらの公園はジョギングトラックの中は広場のようになっていて真ん中に大きなモニュメントがあります。
以上の各公園には子供が遊べる遊具や運動器具などもあるので、コタキナバル在住で運動不足の方、お子さんを外で遊ばせたい方にもおすすめです。いずれの公園もトイレ、飲み物やおやつを売る屋台や売店はありますが、更衣室、ロッカー、シャワーなどはありません。

■Taman Teluk Likas リカス湾公園

街の少し北、ピークコンドミニアムの下のあたりからリカス湾の海沿いが8km程度のジョギング&サイクリングコースになっています。景色がきれいなのでついつい遠くまで走ってしまうと、折り返して街に戻るのに日が昇って暑くなったり、日が落ちて真っ暗になったりするので、うまく時間配分を。

現在街の南側イマーゴ〜タンジュンアル間でも同様のジョギングトラックを整備中です。

関連記事:リカス湾に出来たジョギングコースを走ってみた
街中でももっと気軽に走れたらいいのですが、歩道が整備されてなくて段差や穴、蓋の取れた溝やマンホールなど、いろんなトラップが潜んでいるので、ジョギングコース以外を走る場合はくれぐれも足元と車に気をつけて下さい。

IMG_3157.jpg
写真はリカススポーツコンプレックスのジョギングトラック



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑