*

サバ鉄道&パダス川ラフティング

公開日: : 最終更新日:2014/01/13 観光スポット ,



10010932743_s.jpg 10010940364_s.jpg
長らく運休していたサバ鉄道が復旧して、鉄道に乗ってみたい!という方も多いはず。
サバ鉄道一番のハイライトはボーフォートーテノム間の渓谷沿いの区間。パダス川の濁流を横目にジャングルの中を上っていく鉄道の旅はボルネオならではの体験です。ダイヤの関係上コタキナバルから日帰りでこの区間まで来るのは難しいのですが、ツアーを使えばバスと鉄道を効果的に組み合わせて移動するので一日で鉄道とラフティングの両方を楽しめちゃいます。
ツアーでは、コタキナバルーボーフォート間はバス送迎、ボーフォートから鉄道にのりかえ、川沿いをさかのぼっていきます。その車窓の風景はまさにジャングル鉄道!パンギ駅で下車、休憩と準備、インストラクターの説明のあとラフト(ゴムいかだ)に乗り換えて全長10kmのスリリングな川下りがスタート!ラフティング途中に川沿いでBBQランチ。ゴール地点からまた鉄道に乗り換えボーフォートに向かい、バスでコタキナバルに戻るという行程になっています。
スリル満点で気分爽快、グループで楽しむにはもってこいのアクティビティ。もちろんラフティングが初めてという方でもばっちり楽しめます。パダス川のラフティングは12歳以上から。鉄道復旧後のダイヤ変更に伴い、朝6時コタキナバル発の早起きツアーになりました。朝の苦手な方やお子様連れには5歳以上から参加できる近場のキウル川のツアーもありますので詳しくはこちらからお問い合わせ下さい。



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑