*

エアアジア、クアラルンプールでの拠点空港が5/9からKLIA2に移転します

公開日: : お知らせ




一体いつオープンするのか先が見えなかったクアラルンプールの新しいLCC用空港「KLIA2」。ついにエアアジアの移転も決まり新空港自体は5/2オープンで本決まりになりそうです。エアアジアは5/9までに従来のLCCターミナルから新空港KLIA2へ移転予定とのこと。

 エアアジア、KLIA2への移転を承諾(NAA.ASIA)

空港使用料の値上がりで航空券価格が上がることを懸念して移転を渋っていたエアアジアですが、数日前に空港側が「最初の一年間は空港使用料を据え置きにする」と妥協したのが効いたのでしょうか。

ともあれ、コタキナバルに来るためにすでにエアアジアでクアラルンプール経由のチケットを買っている方も、5/9からはKLIA2での乗り継ぎになります。LCC用ターミナルらしからぬ綺麗でお金をかけた空港になっているようなので楽しみですね。

一方で、乗り継ぎのためにLCCT隣接のTune Hotelsに泊まるつもりで予約を済ませている方、これから乗り継ぎホテルを予約される方は注意が必要です。

現在エアアジアグループはKLIA2にもTune Hotelsを準備中で、おそらく空港の移転にあわせての開業を目指しているところだとは思いますが、今現在はKLIA2店の予約はまだ受けつけておらず、はっきりしたオープン日も公表されていません。ただ今のところネットで出ている情報をまとめると、KLIA2店のオープンと同時にLCCT店は閉鎖になりLCCT店の宿泊予約は自動的にKLIA2店の予約としてスライドされる、空港移転にホテル開業が間に合わなかったらKLIA2からTune hotels LCCT店までのシャトルバスサービスを提供予定、キャンセルの場合は通常通り返金不可、ということのようです。

Tune hotelsのtwitterアカウントで5/9の予約に関して質問した方への回答。


エアアジアの広報の方がtwitterでアップしてたTune Hotels KILA2店の写真。

もうほぼ完成してそうなので空港オープンに間に合うかな??

いずれにせよ具体的な対応は今後案内があると思うので、この時期にLCCTのTune hotelsを予約している方は時期が近づいたらTune hotelに問い合わせてみるといいでしょう。

KLIA2にはTune hotelsの他にsama-sama hotelも開業予定ですが、こちらもオープン時期未定です。

なおKLIA2からクアラルンプール市街へのアクセスですが、電車:KLIAエクスプレスで33分、またはKLIAトランジットで38分、片道RM35でKLセントラル駅までアクセスできます。LCC以外の航空会社が利用するクアラルンプール国際空港KLIAからKLIA2に向けて線路が拡張されたので、KLIAとも電車一本で行き来できるようになって(KLIA-KLIA2間の運賃はRM2)その点は便利になりそうですね。

(空港完成予想図はBorneo Post紙よりリンク)



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑