*

タンジュンアルビーチの屋台村がリカス湾に移転しました。

公開日: : 最終更新日:2018/09/09 グルメ , , , ,

スポンサーリンク


コタキナバルの夕日の名所、タンジュンアルビーチの屋台村「アンジュン・プルダナ」。旅行者に人気のスポットの一つでしたが、リゾート開発計画のため2018年3月に閉鎖となりました。

IMG_3452
そしてその移転先として用意されたのが、街を挟んで反対側、市立モスクの先のリカス湾沿いの一角。以前から「アンジュン・スレラ」という別の屋台村(現在改装工事中)があった場所の隣です。

IMG_E3488
このリカス湾もタンジュンアルビーチに引けを取らない夕日の名所。屋台村の目の前はビーチでなく防波壁になっていますが、すぐ左手の方はビーチにつながっています。

過去にこのリカス湾ビーチから撮った夕焼け写真はこんな感じ。

11079532_644513139012584_2393944968384551527_o 18077386_1047742248689669_3500898400831404608_o 16836359_1000077586789469_2562835819976534719_o 27973367_1256039614526597_2890600954363088582_n
天気のいい日はガヤ島やコタキナバルの街の向こうに没む夕日が見られます。

新しく作られた屋台施設は良くも悪くも以前のタンジュンアルの屋台そのまま。同じテナントがタンジュンアル時代のテーブルや椅子、メニューや看板をそのまま持ってきて営業しているので、特に目新しさはありませんが、これから行かれる方のためにどんなお店が入っているのかご紹介しておきます。

IMG_3409
中央の客席エリア。タンジュンアルの時よりやや狭め。こちらにはマレー料理、シーフード、果物ジュースやABC(かき氷)の店が集まっています。

IMG_3417
以前ご紹介した3色ジュースのお店、Lot6
も健在。最近はそのさらに上をいく5色ジュースも売ってます。ちなみに上からマンゴー、ドラゴンフルーツ、アボカド、パパイヤ、サワーソップ。

IMG_3444
IMG_3438
シーフード&マレー料理のお店。

IMG_3401
手羽先や焼き鳥、サテーを売る屋台はサイドエリアに。

IMG_3397
茹でトウモロコシや茹でピーナッツを売る屋台はメインの建物から駐車場に伸びる通路に沿って並んでいます。

File 2018-03-15 1 01 35
子供が遊べる公園もあります。

IMG_8669
16:00〜23:00は自転車のレンタルやトライショーの営業も。
料金は車種によって異なりますが写真の4人乗りの自転車だと30分35リンギです。

街から屋台村までの道は平日17時台は帰宅の車で渋滞するので、こちらで夕焼けを見るなら、16時頃に市立モスクに行って見学した後、モスクから海沿いの遊歩道を屋台村に向かって散歩しながら夕焼けを楽しむのがおすすめコース。帰りのタクシーは現地では捕まらないので、Grabの利用がおすすめです。

■Anjung Perdana Teluk Likas
営業時間:11:00〜23:00(屋台によって異なります。昼間より夕方以降営業の屋台の方が多いです)
アクセス:コタキナバル中心部から海沿いの通りを北に車で約20分。

 




おすすめ記事

ad

コタキナバル定番スポット&基本情報

コタキナバル旅行直前&現地からの情報収集で、こちらのブログに辿り着いて

IMG_4271
コタキナバルで食べたい!ローカルフードまとめ

マレーシア料理??ナシゴレン、ミーゴレン位しか知らないなぁ…という方が

8CAAAA7C-5324-40C5-803A-873CC54BFB5D
ボルネオ伝統料理カフェ「リトルスラップ」

マレー料理とはまた全然違うボルネオ先住民族の料理、興味ありますか?

入学説明会
コタキナバル日本人学校、入学者募集中!

コタキナバル日本人会より拡散依頼を頂いたので、日本人学校入学説明会のお

IMG_8919
コタキナバルもタピオカブーム!

日本で大ブームのタピオカミルクティー。東南アジアではわりと日常的な

B7C61353-B08E-4EE7-AD3F-4401D8609E1B
コタキナバルでビャンビャン麺!?

ビャンビャン麺。聞いたことありますか? 漢字で書くとものすごく画

IMG_8499
マレーシア料理の人気レストラン、マダムクワンズがIMAGOにオープン!

クアラルンプールのマレーシア料理レストラン「Madam Kwan'

→もっと見る




  • ボルネオ島コタキナバル在住13年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑