*

青いごはん!「ターメリックカフェ」でナシクラブ

公開日: : 最終更新日:2018/02/01 グルメ , ,



IMG_6134
マレーシア料理にはナシクラブという青い花で色付けしたご飯を使った料理があります。

Nasiはご飯、Kerabuは生野菜やサラダという意味で、青いご飯にキャベツやもやし、インゲンなどの野菜、トーチジンジャーの花びら、ココナッツフレークを炒ったもの、唐辛子や玉ねぎのサンバルソース、茹でた塩漬け卵、お魚のせんべいや肉料理などをトッピングして食べます。青いご飯自体は一緒に炊くコブミカンの葉やレモングラスの香りがほんのりする程度で特に味は付いていません。

このナシクラブは西マレーシアのクランタン発祥の料理なので、以前はコタキナバルではあまりメジャーではなく、ラマダンバザールの屋台で売られている程度でした。

今回ご紹介する「ターメリック・カフェ」のオーナーのゲイリーさんは西マレーシアの出身。3年前に夫婦でこのナシクラブのお弁当(上写真)のデリバリー販売を始めた頃からコタキナバルでナシクラブ人気にじわじわと火がつき、まずは自宅でナシクラブのレストランを開業。さらに人気が出て、コタキナバル郊外クパヤン地区に「アンクルゲイリーレシピ」(2月末よりシティモールに移転予定)、2号店としてより街に近いリカス地区にこの「ターメリック・カフェ」をオープンしました。

IMG_8786
こちらがターメリックカフェ。リカスのゴルフ練習場(Likas Driving Range)の2階で眺めは抜群。

ターメリックカフェではナシクラブだけでなく名前の通りターメリック(ウコン)を使ったメニューにも力を入れており、ナシクラブのご飯もバタフライピーの花で色付けした青いご飯、ウコンで色付けした黄色いご飯、またはその2色のミックスを選べます。

IMG_8850
ナシクラブのセットにはバタフライピーの花とレモン果汁を混ぜた紫色のジュース、バタフライピーを使ったもち米のデザートが付いてきます。

付け合わせのおかずも香ばしく焼いたチキン(アヤムペニェ)、ビーフ、魚、イカ、などから選べますが、
おすすめはチキンのアヤムペニェ。皮はパリッ、中身はジューシーに焼き上げられたもも肉が食欲を誘います。

ナシクラブ単品もありますが単品だとお肉などの付け合わせがミニサイズになるので、セットの方がお得。

IMG_8878
ゲイリーさんのナシクラブはナシクラブの隠し味であるブドゥと呼ばれる魚醤を使っておらず、サンバルもあまり辛くないので、万人ウケする食べやすい味付けのナシクラブだと思います。

(クランタン風の生野菜たっぷりでトーチジンジャーやブドゥの効いた正統派ナシクラブが食べたい方には郊外のスレイマンセントラルにあるPokdi Kalateという食堂がおすすめです。が、そちらはコタキナバルの市街地からは車で30分ほど離れています。)

2号店の「ターメリック・カフェ」はKKウエットランドセンターやリカススポーツコンプレックスの近くで、コタキナバル中心部から車で10分。市立モスク見学のついでにタクシーで立ち寄るのがおすすめです。

IMG_8810IMG_0010IMG_0033

■ Turmeric Cafe
アクセス:コタキナバル中心部から車で10〜15分
営業時間:9:30〜21:30 定休日なし 中国正月も休まず営業



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑