*

ガヤアイランドリゾート

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 ホテル ,



IMG_5496_2.jpg

2012年にガヤ島にオープンしたばかりのガヤアイランドリゾート。先日All Aboutにも紹介記事を載せましたが、こちらでは実際の予約や利用にあたって知っておきたい詳しい情報をご紹介します。

まず予約の際の注意点ですが、このリゾートに行くにはリゾートの送迎ボートの利用が必須です。これが無料ではなく別料金(ひとり往復RM140)。リゾートのHPから宿泊予約する場合は送迎ボートの希望時間を選ぶ画面が出てくるので、そちらでまとめて予約できますが、AgodaBooking.comなどのホテル予約サイトでの宿泊予約だと、送迎ボートは含まれておらず、後から希望のボートをYTLホテルズのカスタマーセンターに連絡して予約する必要があります。

チェックイン当日はボート出発時刻の15分前までにステラハーバーリゾートのマリーナへ。マリーナの建物の中にチェックインオフィス兼待合室(上写真)がありますので、そちらで名前を告げてウエルカムドリンクを頂きながらボートの出発を待ちます。島まではボートで約15分。到着後ロビーにて担当のスタッフから施設やサービスの説明が一通り行なわれ、お部屋に案内されます。

追記)2015年よりリゾートへのボートの発着港はステラハーバーではなく街の船着場ジェッセルトンポイントに変更になりました。下写真の左奥が集合場所のチェックインオフィス兼待合室になります。
IMG_4467

 

IMG_5519.jpg

お部屋は「バユヴィラ」「キャノピーヴィラ」「キナバルヴィラ」の順に眺めが良くなり料金も高くなるのですが、空いている時期はアップグレードしてもらえることも。ただし眺めのいいお部屋ほど坂の上にあるので移動が大変。

こちらのリゾートは”ウォーキングリゾート”コンセプトとのことで、メインの棟と各ヴィラが離れているのですがカートでの送迎サービスがありません。眺めをとるか楽さをとるか迷うところ。小さなお子さん連れや足腰の弱い方は何度も坂道を上り下りするのは大変なので、その場合はメイン棟に近い「バユヴィラ」を指定した方がいいかもしれません。

お部屋の造りはどのタイプも同じです。「キナバルヴィラ」からはキナバル山が綺麗に見えます。

エクストラベッドが入れられないので一部屋の人数は大人2名+子供1名まで。全室禁煙です(バルコニーでの喫煙は可能)。Wifiはお部屋でもばっちり入ります。

自然の中のリゾートなので虫を気にされる方もいらっしゃると思いますが、滞在中蚊などは全く気になりませんでした。トレイルや海の中に入ればいろんな生き物と遭遇できるので生き物好きな方が楽しめるのはもちろんのこと、虫が苦手な方でも問題なく楽しめるリゾートだと思います。
IMG_5745.jpg

リゾートの前の海ですが、ガヤ島の海の砂は土砂が混じっているためか珊瑚砂のサピ島などに比べると海の色は暗めで、プール前のビーチは魚も少なめですが、リゾートの桟橋付近に行けば珊瑚も魚もいっぱいなので、そちらでシュノーケリングも楽しめます。

レストランは朝食会場にもなるメインダイニングの「フィーストビレッジ」そして16歳以上限定で大人の雰囲気のシーフード・ダイニングバー「フィッシャーマンズコーブ」の2軒。フィーストビレッジは朝食ビュッフェ、昼食アラカルトかコース、夕食アラカルトかビュッフェかの利用が可能。フィッシャーマンズコーブはディナータイムのみの営業です。その他にもプールサイドやプライベートビーチでもお食事をとれます。

曜日替わりのアクティビティスケジュールは写真を参考に。
IMG_5503.jpg

ちなみにこのときのヨガクラスは日本人インストラクターさんが担当されていました。期間限定のゲストインストラクターとして来られているそうです。日本人スタッフの方もいらっしゃるし、騒がしい団体客もいなくて素晴らしいリゾートなのに、まだ日本での知名度が低くてもったいない!…とはいえ、これから人気が出すぎて日本人だらけになっても困るので、今が狙い目かもしれません。

■ Gaya Island Resort HP agoda Booking.com



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑