*

ミンガーデンホテル & レジデンス

公開日: : 最終更新日:2014/05/19 ホテル



IMG_5754_20130628005001.jpg

ミンガーデンホテルはオープンして一年半の新しいホテル。一泊一部屋一万円程度で泊まれる4つ星ホテルです。日本人利用客はまだ少なめですが、今年の夏休みの日系旅行会社さんのパッケージツアーの内容を見ると、こちらのホテル利用のツアーもだんだん増えてきているようです。

まだ新しいだけあって、お部屋は綺麗で快適です。朝食ビュッフェも料理のバリエーション豊富で、スタッフもきびきび働いているのでなかなかよい感じ。小さいけれど綺麗なプールやジム、子供が遊べるキッズルームもあります。

ちなみにミンガーデンホテル&レジデンスの名前のとおり、ホテル棟とレジデンス(住居)棟にわかれており、レジデンスの方はマンションのように分譲されて人が住んでいるお部屋もあれば、ミンガーデンがホテルと同じように朝食付きなどのプランで貸し出しているお部屋もあります。4人まで一緒に泊まれるキッチン付き2ベッドルームのお部屋もあるので、家族で一部屋に泊まりたい場合などには重宝すると思います。プール・ジムなどの各施設はレジデンスの宿泊者も使えます。

このミンガーデンホテル、マレーシア航空の客室常務員がコタキナバル泊する際の利用ホテルにもなっています(前はハイアットだったのにマレーシア航空も経費節減か…)。バジュクバヤの素敵なユニフォームを着たスチュワーデスさんたちにも会えるかも。

マイナス面は街へのアクセスがちょっぴり不便なこと、バスタブがないこと、お部屋でWifiが使えないこと、など。

立地的には、ちょうど大通りを挟んでワンブロック市街地から外れているだけで、ホテルの目の前に街は見えているのですが、街側に渡るには横断歩道や歩行者信号のない8車線以上の大きな交差点を横切らねばならずとても危険です。歩ける距離ではありますが、安全を考えるとタクシーやシャトルバスでの移動が良いでしょう。

ホテルのシャトルバスは以下のようなスケジュールで運行されています。バスではなくバンで人数に限りがあるので、確実に利用したいときは予約しておきましょう。
IMG_5932.jpg

バスタブがあるのはスイートルーム(6室)のみで、それ以外のお部屋はシャワーのみです。レインシャワーと可動式のシャワーが両方ついていてお湯はたっぷり出ます。バスルームとベッドルームの間はすりガラスの仕切りになっています。
なお、スーペリアルームとデラックスルームの部屋はまったく同じで、違いは窓からの景観のみ。デラックスルームはシー&シティビューでなかなか素敵な眺めです。スーペリアルームは建物で視界が遮られていたり、水上集落側に面したお部屋になります。コネクティングルームもありますが予約時確約は出来ないようで、チェックイン時に希望を出して空いていればコネクティングの部屋にしてもらえます。
Wifiはロビー階のみでお部屋では繋がりません。LANケーブルは各部屋に備えられており、LAN接続でパソコンをネットに繋ぐことはできます。

また、細かいことですがお部屋のテレビのチャンネル数は少なくNHKは映りません。韓国のKBS、中国のCCTV、香港のフェニックスTVは映るのに…。一昔前はこちらの4つ星以上のホテルなら大抵NHK見れてたんですが、これも旅行客数の推移を反映しての時代の変化でしょうか。

あとなぜか同じルームタイプでもお部屋によって冷蔵庫のある部屋と無い部屋があります。これは統一してほしいところ。

街歩き重視で街中のホテルに泊まりたい方向けではないですが、トータルで見れば、街にも空港にも近く、快適で一通りの設備が揃っているので、お値段を考えるとコストパフォーマンスの高いホテルだと思います。

最近プールと同じ階に「スパ・アスリ」がオープン。12時〜24時の営業(最終受付23時)と遅くまでやっているので、夜お出かけから戻った後でもスパ利用できるのは便利です。お値段も街スパと変わらずお手頃。ただしホテルとは別経営なためスパの料金は部屋チャージできず、クレジットカードも使えず、現金払いのみなのでご注意を。
IMG_5930.jpg

■ Ming Garden Hotel & Residence HP agoda Booking.com



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑