*

タイガーエアに乗ってみた。

公開日: : 一般情報



IMG_0281

今年の3月から台北ーコタキナバル路線に進出したタイガーエア。タイガーエア自体はシンガポールのLCCですが、コタキナバルに就航したのはその系列で台湾ベースの「タイガーエア台湾」になります。

台北ーコタキナバル間を飛ぶ航空会社はマレーシア航空、エアアジアに続いて3社目。半年ほど前に一時帰国のためのチケットを調べたら、3社の中でタイガーエアが一番安かったのでこの機会に利用してみました。

日本ー台北は約3時間半、台北ーコタキナバルが約2時間半と台北経由は他の経由に比べてフライト時間が短く済むのが魅力です。日本から台北まではエバー航空、チャイナエアライン、LCCだとジェットスター、ピーチなども飛んでいるので各空港からのフライトスケジュールや運賃に応じて色々な組み合わせも選べます。

まずはチケット手配。今回はコタキナバルー福岡往復ひとり3万円弱

今回はすべてタイガーエアで、福岡空港への帰国なので以下のようなスケジュール。

行き)
コタキナバル発 19:20 台北着22:30 空港近くのホテルで一泊。
台北発 6:40 福岡着 9:55

帰り)
福岡発10:55 台北着12:15
台北発 13:55  コタキナバル着17:10

福岡からコタキナバルに来られる場合は行き帰りのスケジュールがこの逆になります。

見ての通り、LCCなのに帰りの乗り継ぎ時間が2時間を切っているというかなりリスキーな組み合わせ。でも桃園空港は何度も利用していてフライトが定刻着であれば十分間に合う勝算があったので、あえて同日乗り継ぎを選んでみました。

羽田からはVエア、タイガーエア、ピーチが、関空からはバニラエアやピーチが、早朝発で午前中に台北に着くのでそちらと組み合わせれば余裕で同日乗り継ぎ可能です。

ちなみに今回とったチケットの料金(大人一人あたり)は台北ー福岡間の往復が1万2000円、台北ーコタキナバル間の往復が1万8000円弱。つまりコタキナバルー福岡の往復合計で3万円弱でした。

いざ搭乗当日。帰路の同日乗り継ぎは間に合うのか?

IMG_0246
タイガーエア台湾はオンラインチェックインには対応していないので出発45分前までにカウンターチェックインになります。

今回、預け荷物の重さがちょっぴりオーバーしてたり、機内持ち込み荷物がやや大きめだったり、コールセンター経由で追加予約した乳児の搭乗者名のスペルが一文字間違って予約されてたり、とチェックインで引っかかりそうな点がいくつかあったのですが、行き帰り4回のチェックイン全てで何の問題もなくスムーズにチェックインできたので、LCCにしてはうるさくなくて融通が利く航空会社という印象を受けました。

ちなみに、福岡でのチェックインの際に「台北で一旦入国せずにそのままコタキナバル便に乗り換えなさいますか?」と聞かれたので「可能であればそうしていただけると助かりますが…」と言ったら、しばらく他のスタッフさんに確認したのち「すみません。コタキナバル行きは荷物の積み替えに対応していなかったので、やっぱり台北で一旦入国して荷物を受け取って再度チェックインされてください」とのことでした。タイガーエアのウェブサイトには「タイガーコネクト」といってタイガーエア同士だと桃園空港でフライスルーが出来るような記述もあるので、もしかしたら預け荷物がなければ通し発券してもらえたのかもしれません。

そんなわけで帰りのタイトな乗り継ぎ、福岡空港からの出発と到着が10分ほど遅れたので、実質乗り継ぎ時間1時間45分!でしたが、降機+移動+入国審査+荷物受取などに要した時間は40分程度。カウンタークローズの20分前(出発の約1時間前)にチェックインカウンターに到着し、さらにその日はコタキナバル便の出発が1時間半遅れることになったので、結果的には余裕の乗り継ぎでした。

IMG_0244
桃園空港でのタイガーエアのチェックインは真ん中あたりの7番カウンター。

機内サービスは可もなく不可もなく

IMG_0234
搭乗してみるとコタキナバルー台北路線は今回ほぼ満席。マレーシアの学校休暇シーズンだったので、マレーシア人で埋まってるのかと思ったら乗客の大半は台湾人でした。コタキナバルへの観光ツアーの団体さんも多かったです。一方、台北ー福岡路線は行きも帰りも搭乗率60%程度。こちらも日本人より台湾人の乗客が多いようでした。

座席はLCCなので当然狭め。エアアジアと同じくらいです。機内には西武鉄道と日本人でも聞いたことがない甲子園歴史館の広告。台湾からの旅行者に売り込み中??映画「KANO」の影響でしょうか。

LCCなので機内サービスは有料です。機内食、試しに一度注文してみました。

IMG_7484

IMG_7501
イチオシっぽくメニューの最初に載ってる排骨飯「ポークチョップの煮付け」。お水とスナック付きで250TWD(約800円)。他のLCC同様、内容の割には高めだけど味はまぁまぁ。

機内食やお土産の機内販売、エアアジアだったらフライト中機内を1往復して終わりですが、タイガーエアは飛んでる間何度も来ます。トイレに行きたい時とかに通路が塞がってるとちょっと困りますが、欲しいものを買い逃してもまた来るのは便利だし、一長一短かな…。

IMG_0009
何度も通る機内販売からついつい買ってしまったタイガーエアのロゴ付のトラのぬいぐるみ(1000円強)。触り心地が良くて手頃なサイズなので、ちびっ子へのお土産にオススメです。

総評

これまで利用したLCCの中ではPeachと同じくらいグラウンドスタッフさんもCAさんも親切で、スムーズな旅ができたので大満足。所詮LCCなので料金の安さ以外ではフルサービスキャリアにはかないませんし、もしもトラブルがあった場合の対応など未評価の部分はありますが、台北経由はよく使うのでぜひまた利用したい航空会社になりました。



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑