*

マレー料理の人気店「ポクディ・クラテ」2号店がオープン!



数年前、コタキナバル郊外のスパンガール地区にクランタン州出身のディさんがオープンしたマレー料理のお店「Warung Pokdi Kelate (ワルン・ポクディ・クラテ)」。

生粋のマレー系が少ないここサバ州ではなかなか食べられない本格マレー料理やナシクラブ、ナシダガンなどのクランタン料理が食べられるお店として、コタキナバルに住むマレー半島出身者を中心に人気のお店です。

ただコタキナバルの中心エリアからは車で40分ほど離れているので、これまではなかなか旅行者におすすめしにくいお店でした。…そう、これまでは。

このお店がつい先日、街のど真ん中「センターポイント」のすぐそばのシンスラン商店街に2号店をオープン!これは行きやすくなります!!

肝心のお味が本店と変わらないかを確かめるべく、早速食べに行って来ました。

IMG_7048IMG_6931 IMG_6958
緑を基調とした店内に美味しそうなカレーやおかずが並んでいるのは本店と同じスタイル。
お皿に白ご飯をよそってもらって好きなおかずを載せていくナシチャンプルもここの人気メニューです。

IMG_6997
注文をしてから(ナシチャンプルやナシクラブの場合はその場で好きなおかずを載せてから)奥のキャッシャーで先払い。その際にドリンクも注文します。
今回はクランタン名物、青いご飯の「ナシクラブ」と後で紹介するここの人気ドリンクをオーダーしました。

IMG_6979
これがナシクラブ。ご飯が青いのは蝶豆(バタフライピー)の青い花を一緒に炊き込んでいるから。味は特に普通のご飯と変わりません。

そこにソルティッドエッグ(塩漬け卵)、ローストココナッツ、もやし、きゅうり、ブンガカンタンというミョウガのような味の花と和えた赤キャベツやインゲンのサラダ、揚げせんべい、2種のスパイシーなソースが添えられていて独特の味と具材の食感が楽しめます。本店と変わらぬ美味しさで一安心!

ちなみに、こちらの基本のナシクラブだとRM4.50、つまりたったの120円!
これにフライドチキンやスパイスで煮込んだチキン、揚げ魚、揚げたエビなどのおかずを1品プラスするとRM7〜8くらいになります。それでも約200円。安っ!

スパイスにじっくり漬け込まれたここのフライドチキン(Ayam Goreng Berempah)も美味しいので、ナシクラブを初めて試される方はフライドチキンとの組み合わせがおすすめです。

IMG_7030
ところでこのナシクラブの写真の後ろに写っている緑の謎の物体。メロンソーダにメントスを入れてしまった訳ではありません。
グリーンティー・タリック・マドゥという飲み物です。

IMG_6980
テー・タリックというマレーシアの泡立ったミルクティーの泡をさらに激しくしたのがテータリック・マドゥで、それのグリーンティー味バーション。

グラスから溢れんばかりの、いや、溢れまくりの泡が楽しいミルクティー。
他にもコピタリック・マドゥ(コーヒー味)やバンドゥンタリック・マドゥ(ローズシロップ味)など、泡もこもこドリンクのオンパレード。

どれも日本人にとっては激甘ですが、マレー料理と合わせると意外といける不思議。

IMG_7043

アイスコーヒーやレモンティー、コーラなど普通のドリンクもありますが、このモコモコのテータリック・マドゥシリーズは人気が高く各テーブルでオーダーされています。

ドリンクは出来上がるとレシートの番号が壁の番号表示器に表示されるのでので、自分の番号が呼ばれたら写真のカウンターに取りに行ってください。セルフサービスのお冷も無料で用意されています。

ナシレマやカリーミーなどのオーソドックスなマレー料理も食べられるし、お昼も夜も遅くまで営業しているので、マレーシア料理の中でもハラルのマレー料理のお店をお探しの方にはぜひおすすめです。

IMG_7060

◼️Warung PokDi Kelate
営業時間:火〜日10:00〜24:00、月曜定休
アクセス:センターポイントの「シティパレード」口から出て来たに二つ目のブロック、徒歩3分。緑の外装が目印。



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑