*

パンタイ・インと天天飯店



IMG_1897
ガヤストリート入口近く、ホライゾンホテルの向かい。パンタイ通りに昔からあった安ホテルのパンタイインが改装されて新しくなりました。10年以上前に泊まった時と比べると見違えるほど明るく綺麗になっています。

IMG_3324
ブルーを基調としたロビー。

こちらは一番安いスタンダードツインのお部屋。
IMG_3335
IMG_3347
お部屋は狭めですが新しく、シャワーとトイレも別れています。

こちらはファミリー向けのジュニアスイート。
IMG_3352
スイートと言ってもリビングはなくベッドルームとバスルームのみ。ダブルベッド2つで大人4人まで泊まれます。

IMG_3360
廊下にはお水とお湯のサーバー。

IMG_3327
飛び込み宿泊の場合の料金表。事前にagodaなどで予約していったほうが安いです(1泊1室2500円程度〜)。

このホテルは何と言っても立地が便利!目の前がミリメワスーパー、ガヤストリートの一本隣の通りなのでサンデーマーケットへも歩いてすぐで食事をする場所も選りどり見どり。センターポイント、スリアサバ、市場、船着場、長距離バスターミナルにも歩いていけて、空港からのシャトルバスも目の前のホライゾンホテルに停まります。

リゾートやプール付きの豪華ホテルではなく街中で安く泊まれる宿をお探しの方におすすめです。

◾️Pantai Inn 料金・レビュー

そしてこのパンタイインのロビー隣のレストランが、天天飯店。

IMG_1901

チキンライスが美味しい中華系の食堂です。パンタイインのオーナーが経営していて、同じタイミングで改装されました。クーラーも効いていて快適なので、オープンエアの食堂は暑くてちょっと…という時におすすめのお店。

IMG_3290

この日はスチームチキンが売り切れだったので、ローストタイプのセサミチキンライスを注文してみました。

IMG_3301
ここのご飯はパサパサしてなくて、しっとりもっちりした炊き加減の日本人の口に合うご飯。シャキシャキのもやし炒めもチキンライスとの相性抜群です。

他にもシーフードや野菜料理など色々あります。写真入りのメニューがあるので利用しやすいかと思います。
IMG_3311

◾️Tien Tien Restaurant
営業時間 9:00〜21:30 月曜定休



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑