*

市立モスク& BAZAAR AL MUBARAK

公開日: : 最終更新日:2016/02/13 観光スポット



IMG_2727.jpg
コタキナバルのリカス湾にひときわ目立つ美しい建物、市立モスク。コタキナバルの名所の一つとして旅行者も沢山訪れています。

この市立モスクの敷地内にしばらく建設中だったショップロット「BAZAAR AL MUBARAK」が先日オープンしました。
モスクにお祈りに来られるイスラム教徒向けの小さな施設で、入っているお店はマレー系食堂、民族衣装のバジュクロンなどを売ってるお店、コーランやイスラム教関連の書籍やイスラム関連グッズを売っている本屋さんなど。イスラム教徒向けのお店だけれど、むしろ普段イスラム教とあまり馴染みのない日本人にとっても興味深い場所です。

先日立ち寄った際、すでに食堂がオープンしていたので覗いてみると、メニューはナシチャンプル、ナシレマ、ロジャなどの定番マレー料理、マレー菓子各種、パン、肉まんや点心(もちろん豚を使っていないハラルのもの)などなど。

イスラム教徒でなくても利用出来ますので、モスク見学のあと冷たい飲み物で喉を潤すのにはいい場所です。オープンエアのレストランで風が心地よく通り、食堂から見える市立モスクがとっても綺麗でした。営業時間は各お店によりますが、朝8時〜17時の店舗が多いようです。

※モスクの敷地内なので、服装や言動などイスラム教徒の方々に失礼のないように利用して下さい。
※州立モスクもその隣にある黄色いビルWISMA MUISの中にイスラム系なお店がいろいろ入っています。お祈り用のマット、お祈り用の帽子、マレーの民族衣装など、マニアックなものをお探しの方にはそちらのビルもおすすめです。

関連記事:コタキナバル市立モスクの見学手順が変わりました



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑