*

マヌカンアイランドリゾート

公開日: : ホテル , , ,



img_6935
コタキナバルからボートで約15分のマヌカン島。日帰りでも人気のこの島唯一の宿泊施設がマヌカンアイランドリゾートです。

昔は公園局が管理する簡素なロッジでしたが、ステラハーバーリゾート子会社のステラサンクチュアリロッジに運営が委託されてから大幅改装され、今回久々に泊まったらとっても素敵なリゾートに生まれ変わっていました。

ヒルサイド or ビーチサイド?

マヌカンアイランドリゾートには「ヒルサイドヴィラ」と「ビーチサイドヴィラ」の2タイプのお部屋があります。普通ビーチサイドの方が魅力的で高そうなイメージですが、ここでは改装されて新しいヒルサイドの方が海の眺めがよくビーチサイドヴィラより料金も高めです。

マヌカン島は島の桟橋から見て左手の1stビーチがリゾートのお客さん専用のプライベートビーチで、桟橋から右手の2ndビーチが日帰りの一般客向けのパブリックビーチ。ヒルサイドのお部屋はプライベートビーチが目の前なのですが、ビーチサイドのお部屋はパブリックビーチ側にあるため日中はやや人通りが多い場所になります。

ヒルサイドの方がリゾート感たっぷりなので、今泊まるならおすすめは断然ヒルサイド!ただお部屋に入るのに階段を登らないといけないので、上り下りが不自由な方はビーチサイドヴィラの方がいいでしょう。現在ビーチサイドのお部屋も数部屋ずつ改装工事が進められており、来年にはビーチサイドヴィラも今よりモダンで快適なお部屋になるそうです。

img_6984
ビーチサイドヴィラ

img_7593
ヒルサイドヴィラ

ヒルサイドヴィラのお部屋

今回泊まったヒルサイドのお部屋の様子をご紹介します。ヒルサイドヴィラは1階がリビング&ミニキッチン、2階がベッドルームというスイート仕様になっています。(1階建てでこの二部屋が横並びのタイプもあり)。
img_7083
海が目の前!眺め抜群なのにビーチや他の部屋からは部屋の中が見えないように配慮された絶妙な設計です。

img_7098
ベッドルームもくつろげるスペースがたっぷり。どの部屋にもバルコニーがあります。

img_7077
バーカウンターの裏にはグラスや電気ポットが収納されており、奥にはシンクと冷蔵庫とセーフティボックス。冷蔵庫に入っているコーラとスプライトは無料サービス。天体望遠鏡まで用意されています!

img_7085
トイレは二つ、洗面台はダブルベイシンでバスルームにはバスタブと独立したシャワーブース。

夜にターンダウンサービスがありチョコレートと翌日の天気予報を知らせる紙が置かれていました。

ビーチサイドヴィラは今回利用していないのでお部屋の写真がありませんが、1ベッドルームでスイート仕様の二階建てタイプと2ベットルームで大人4名まで泊まれる1階建てタイプがあります。

リゾートの施設・サービスについて

島へのボート送迎は料金に含まれていません。ステラハーバーのマリーナか街のジェッセルトンポイントからマヌカン島行きのボート往復チケットを買って島に渡ります。ステラハーバーからの往復チケットは一律RM60ですが、ジェッセルトンポイントからだとRM40程度〜です。ジェッセルトンポイントからの場合、日帰りのボート料金はどの会社もだいたい横並びですが、翌日以降に迎えに来てもらうオーバーナイト料金は会社によってばらつきがあるので各窓口で確認して買うことをおすすめします。

どちらの船着場からのチケットも帰りのボートの時間は後から変更可能。その場合フロントのスタッフに相談すれば変更手配してくれます。

島での食事はリゾートのレストランまたは国立公園の食堂を利用。リゾートのレストランだとアラカルトメニューは1品RM20〜30程度。スチームボートディナー(ひとりRM65)、コースディナー(ひとりRM55)は予約が必要です。朝食ビュッフェは宿泊料金に含まれていない場合大人ひとりRM26でした。公園局が運営する島の食堂を利用すれば一食RM10以内で済ませられますが、夜は食堂は営業していないのでリゾートのレストラン1択になります。

リゾート運営のレストランの営業時間:
サンズレストラン 朝食 8:00〜10:00、 昼食 11:30〜14:30 夕食 19:00〜21:30
アランBBQレストラン BBQランチ 11:30〜14:30
サンドバー 8:00〜21:00

国立公園の食堂 9:00〜16:00
国立公園の売店 9:00〜18:00

img_7783
宿泊客専用のスイミングプールの利用可能時間は7:00〜19:00。チェックイン前やチェックアウト後も利用できます。プールサイドにはごろごろできるガゼボもあるのでのお部屋が利用できない時間はこちらでのんびり過ごすのもよし。レストランとプールはお部屋からはちょっと離れたパブリックビーチ側にあります。

agodabooking.comでは「子供の宿泊不可」とか「2歳以上はエクストラベッドをご利用ください」などと書かれていますがそんなことはなく、今回大人2名子供2名乳児1名で一部屋利用しましたが、子供の追加料金はかからず、ベビーベッドとマットレスまで無料で入れてもらえました。とにかくフロントのスタッフが皆親切でいろいろ気をきかせてくれるので、何か困ったことがあれば気軽に相談してみるといいと思います。

img_7279
日帰りで島に行くのとはまた違った魅力を味わえるマヌカンアイランドリゾート。コタキナバル滞在中一泊ほど島ステイを組み込んでみるのもおすすめです。

img_5705
通常は一泊2万円くらいするのですが、2016年内12月31日まではステラサンクチュアリロッジのプロモーションでヒルサイドロッジはRM450、ビーチサイドロッジはRM350と一万円前後で泊まれちゃいます(税込。ステラサンクチュアリロッジへの直接予約限定。島へのボート料金、朝食は含まず)。スクールホリデーや年末のご旅行にいかがですか?

■Manukan Island Resort 料金・レビュー



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑