*

マレーシア サバ州立鉄道に納入されたキハ8500系のその後

公開日: : 最終更新日:2017/12/28 お知らせ



IMG_9954
今回は一般の観光情報ではなく鉄道ファン向けのややマニアックな話題。ここ最近一部鉄道ファンの間で話題になっていたキハ8500系の行方についてです。

日本の名古屋鉄道「特急北アルプス号」、会津鉄道「AIZUマウントエクスプレス」として活躍後、引退していたキハ8500系5両のうちの2両(8502、8503)がここマレーシア、コタキナバルのサバ州立鉄道に譲渡されることが決まり、輸送を担当した会社のHPにその様子が掲載されていました。

日本から昨年末に届いた車両は、日本の鉄道のレール幅1067mmからサバ鉄道のレール幅1000mmに合わせて軌間変更が施され、塗装も完全に塗り直されて青とグレーのデザインに生まれ変わりまるで新車のよう!

いつから使われるのか楽しみにしていたのですが、その後全く音沙汰がなかったのでタンジュンアル駅に寄って聞いてみたら、現在キナルート鉄道基地の格納庫で保管されているとのこと。

というわけで、ものはついででタンジュンアル駅から車で20分ほど離れたキナルートまで行ってみたのですが、なんと本日(3/10)、キナルート格納庫〜パパール駅間の往復でテスト走行を実施中!だそうで肝心の車両は見ることができませんでした…。午後には戻って来るから待ってれば?と言われたのですが、残念ながら予定があり撮影は断念。

とりあえず駅員さんやサバ鉄道関係者の方々に聞き込みしてみた結果、運行開始時期、運行区間、次回テスト走行の予定、などの詳細はまだ何も決まっていない、というのが現状のようです。

また運用開始などの情報が入ったらブログやtwitterで更新していきますが(→続報)、当面はキハ8500系を見たい方はキナルートの鉄道基地に行くのが一番確実なようです。サバ州立鉄道の整備場兼格納庫は以前はタンジュンアル駅のすぐ隣にあったのですが、現在は駅隣接の複合商業施設「aeropod」の開発のため、キナルート駅の近くに移転しています。日本では考えられませんが、アポなしセキュリティチェックなしで入れてもらえて自由に写真も撮らせてもらえました。

IMG_0079
キハ8500系は敷地に入って一番手前の線路、このパラソルの位置に普段は停められているそうです。

IMG_0067 IMG_0051
整備庫の中。

外にはサバ州立鉄道の古い車両がたくさん放置されており、鉄道好きにはたまりません。
IMG_0033IMG_0047
VISIT SABAH 2000車両。ラフレシアや動物の絵が描かれていてレトロで可愛い!2000年頃走っていたのでしょうか。乗ってみたかった!

IMG_0058 IMG_0061 IMG_0043 IMG_0081

格納庫はキナルート駅から上り方面線路伝いに見えるのですが、線路沿いに道路がなく回り込まねばならないので駅から歩くにはちょっと遠いです。もし見学したい場合はコタキナバルからタクシーを利用して直接行って、帰りタイミングが合えばキナルート駅で降ろしてもらってサバ鉄道に乗って帰って来るというのがいいかもしれませんね。キナルート駅にはタクシーはおらず逆パターンは難しいので…。

サバ州立鉄道の時刻表はこちらをご参照ください。

関連記事:
サバ州立鉄道
北ボルネオ鉄道

キハ8500の続報とサバ州立鉄道の今後の計画に続く…。



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑