収穫祭ペスタ・カアマタンGrand Finale

5月はサバ州の収穫祭の月。すでに先住民族各村ごとにお米の収穫を祝って賑やかにお祭りやイベントが開催されていますが、州の祝日にも制定されている5/30、31は収穫祭のフィナーレ、メインイベントがKDCA(カダザンドゥスン文化協会)を会場に開催されます!
なんといっても見逃せないのはUnduk Ngadauことミス収穫祭コンテスト、各村、各地方での予選をくぐり抜けてきたサバ州美女たちの競演!決勝は31日午後1時から。ほかにも伝統料理のコンテストや民族舞踊や伝統楽器の演奏披露、コンサート、食べ物の屋台や展示ブースもいろいろ出てるし、地酒も飲めちゃいます。
もちろん入場無料で朝から夜中まで沢山の人で賑わってますので、この二日間コタキナバルに滞在予定の方はしっかり予定に入れておいて下さいね。会場までは市内の各ホテルからタクシーで20分程度。行き先はKDCA(ケーディーシーエー)と言えばばっちり通じます。
そして、今回なんとASLI BORNEOもこちらに出店します!WWFの展示ブース(ブースNo.23)にて、なまこ石鹸や先住民族の人たち手作りのフェアトレード商品などを販売予定です。二日間の売り上げの一部はWWFの自然保護活動に寄付され、残りの一部は先住民族の経済支援に充てられます。私も売り子として参加しますのでぜひお立ち寄りくださいませ。皆様のお越しをお待ちしています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

収穫祭!

毎年5月30日31日はここサバ州の先住民たちのお祭り、収穫祭(カアマタン)です。農耕民族であるカダザンドゥスン族を中心に、4月に取れたお米で地酒(タパイ)を作り、みんな田舎に帰省して収穫のお祝いをします。
5月になると毎週末、サバ各地の村でお祭りが開かれ、そこでは民族舞踊のスマザオを踊ったり、その村のミス収穫祭が選ばれます。そして、30、31日ピナンパンの近くのカダザンドゥスン文化協会(KDCA)で行われる収穫祭フィナーレで各村から選ばれたミスの中から今年のサバ州のミス収穫祭が選ばれるのです。(ちなみにサバ博物館には歴代ミスの写真も展示されています)
明日から行われるそのフィナーレでは出店も沢山出て、観光客の方でも気軽に楽しめます。会場のKDCAは街から車で20分ほど離れていますので、タクシーで。行き先は「KDCA」と言えば大丈夫です。民族衣装や民族家屋の展示、民芸品の販売や屋台料理に混じって地酒のリヒンも売ってます。民族家屋では各民族の人たちがタパイを飲みながらスマザオを踊っていたり。仲良くなったらタパイも飲ませてくれるかも。
この時期KKにいらっしゃる方は、ぜひ行ってみてください。日中から夜遅くまでやってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする