*

サンダカン、ラハダトゥ、タワウ、センポルナへの長距離バスでの行き方

公開日: : 最終更新日:2016/04/24 一般情報



IMG_4020
コタキナバル郊外のイナナムにあるバスターミナル。サバ州東海岸のサンダカン、ラハダト、センポルナ、タワウへはここから長距離バスが出ています。これらの町へは飛行機を利用した方が断然早くて楽なのですが、あえてバスを利用したいというバックパッカーさんも多いので情報をまとめておきます。

なお、バスの場合の各地へ所要時間はサンダカンまで6〜7時間、ラハダトまで8〜9時間、タワウまで9〜10時間、センポルナまで約10〜11時間。飛行機だといずれも45分〜1時間弱です。

街中のドリームテル近くにある長距離バスステーションはコタキナバルから西側のケニンガウ、テノム、ボーフォートなどに向う長距離バス、そして北はクダット、東はラナウまでの中距離を走るミニバスが発着します。

一方、東のサンダカンとその先のラハダト、タワウ、センポルナに行く長距離バスは街中からは出ておらず、街から車で20分ほど離れたイナナムのバスターミナルからのみ。なのでまずそこまでタクシー(RM40程度)かミニバス(RM2)で移動しないといけません。ミニバスは現在ホテルシャングリラ(リゾートではない方)の前の通りから出ている3番の青いラインのバスがターミナル近くを通りますが、通り沿いにバス停があるだけでバスターミナルの中には入らないので乗り過ごさないように注意。乗る前に「イナナムのバスターミナルに行きたい」と車掌さんに告げて、乗るバスを確認した上で最寄りのバス停で降ろしてもらうように頼んでおくと安心です。

バスのチケットはネットなどで予約できないので、直接ターミナルに行って購入します。15社以上のバス会社が各地にバスを出しているので、ハリラヤや選挙などの帰省シーズンと重ならない限りは、直接行けばすぐチケットが買えます。ただ、サンダカン行きは割と頻繁に出ている一方で、ラハダト、タワウ、センポルナ行きは朝7時台と夜19時台のみの出発という会社が多いので、これらの町に行かれる方は早朝か夜どちらかの時間を狙って行った方がいいでしょう。

IMG_4035IMG_4042IMG_4028

ターミナルに入ると沢山のバス会社のカウンターが並んでいるので、どこでチケットを買うか迷ってしまいます。どの会社も出発スケジュールは掲示していますが、料金は表示していません。でも値段はほぼ横並びで、ほとんどの会社がサンダカンまでRM40〜43、ラハダトRM45、タワウRM50、センポルナRM55との回答。一社BudgetXpressというピンクのバス会社はセンポルナまでRM40!と言ってたのでセンポルナ行きはここが一番安いかも。

IMG_4039

とりあえずターミナルに着いたら、まずは並んでるバスの社名と行き先をチェックして、綺麗なバスの会社から順に値段と出発時間をチェックしていくと良さそうです。

チケットを買ってから出発時間まで時間をつぶすなら、ターミナルの外に出たすぐ隣はイナナムビジネスセンターと呼ばれる商店街で、ナンやカレーの美味しい「タリバンフードセンター」や、トムヤムミーやフィッシュヘッドミーフンの美味しい「クダイコピ・ダットセン」、トゥアランミーゴレンが食べられる「トゥアランミーレストラン」などがあり、出発前に軽く腹ごしらえも出来ます。ちなみに早朝のバス利用のために前泊するならバスターミナル最寄りホテルはこの商店街の中にあるDZホテルになります。

バスはコタキナバルを出て2時間後にラナウの近くで一旦食事休憩を取ります。ほとんどの会社のバスチケットには食事も含まれていて、その休憩場所の食堂で乗車チケットを見せると軽食(ナシチャンプル)がもらえます。そういった説明はバスの中では全くないので、休憩で止まったら他のローカル乗客の流れに着いて行ってみて下さい。

またサンダカンの手前のチェックポイントでは不法入国者取り締まりのパスポートチェックがあります。パスポートはすぐ出せるように用意しておきましょう。あと、たまにエアコンが効きすぎてて凍えそうなバスもあるので、長袖の上着も念のため用意しておいたほうがいいですね。

まれにですが長距離バス、特に夜行バスで寝ている間にポケットや荷物に入れていた携帯や財布をすられるケースもあるようなので、貴重品の管理はしっかりと。

ガソリン代の値上がりなどでバス料金は今後また変動していくかもしれません。以上、2014年10月現在の情報でした。



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑