*

ワリサンスクエア内のトランジットラウンジ「ブルーラウンジ」

公開日: : 最終更新日:2015/06/19 一般情報 ,



IMG_1430

2015年6月追記:こちらのラウンジは閉店しました。

トランジットラウンジというと空港のラウンジがすぐ思い浮かびますが、実はコタキナバルの街中にもトランジットラウンジがあるんです。

ワリサンスクエアの南端の棟(マリナコートに面した側)にある「ブルーラウンジ」は利用料を払えば誰でも利用できる旅行者用ラウンジ。

今年に入ってオープンしたばかりなので、まだ設備も新しくて綺麗です。そして今ならまだほとんど知られていないので、空いていてくつろげる穴場。

現在オープニングプロモーションで利用料は3時間RM30、または6時間RM40。この利用料を払えば…

・休憩スペース(リクライニングチェアあり)

IMG_1415IMG_1419
IMG_1423

・シャワー(シャンプーやタオルなども用意されてます)、トイレ

IMG_1413

・WindowsPC(1台のみ)、WIFI、プリント&FAXサービス、充電用コンセント

IMG_1425
・ドリンク飲み放題(コーヒー、紅茶、お水、缶ジュース、パックジュース)

IMG_1412

・荷物預かり
・空港送迎(ひとりRM15 )

などのサービスを利用できます。

フードの提供はしていませんが、下の階の「ラタトゥイユ」からサンドイッチやピザをデリバリー注文してラウンジ内で食事できるように、メニューが置かれていてスタッフが注文を店に伝えてくれます。

ラウンジを利用せずに荷物だけ預けることも可能で、その場合はRM5でスーツケースなどの大きな荷物を預かってくれます。

「マレーシア初の街中トランジットラウンジ」という謳い文句ですが、トランジットだけでなく、コタキナバル滞在最終日に、夜のフライトまで街をぶらぶらしてから空港に直接行きたい方にも使い勝手が良さそうです。特にラサリアやネクサス、ワンボルネオなどにお泊まりの方は、ホテルをチェックアウトして街中に移動した後ここを拠点にすれば、ホテルまで荷物を取りに戻らずに済み、時間やタクシー代を節約できます。

また、最終日に海に行きたいけど、その後シャワーを浴びてさっぱりしてから飛行機に乗りたい、という方もここを使えますね。シャワーは一つしかないので、大人数での利用だと交代でみんな浴び終わるまで時間がかかりそうですが。

もちろんコタキナバル経由で他の都市に行かれる際のトランジットの時間つぶしにも。コタキナバルは空港と街の距離が近いので(タクシーで15分〜20分)待ち時間が長いなら小さな空港で時間をつぶすより街に出てしまってここを拠点にするのもあり。とにかく街のど真ん中という立地なので、いろいろ活用出来そうです。

このラウンジのすぐ隣や上の階にはマッサージの「ハコッドオアシス」や「ジャスミン」もありますし、センターポイントはすぐ隣、ウォーターフロントや市場も目の前。荷物を預けて身軽になったら、出発ぎりぎりまでコタキナバルの街を満喫しましょう!

Blue Lounge
営業時間:年中無休、24時間(要予約)
TEL:088-448422
予約なしでも空いていれば利用できますが、お客さんがいない時間は閉めてしまうこともあるので、予約してから来てもらった方が確実とのこと。

2015年6月追記:こちらのラウンジは閉店しました。 



おすすめ記事

スポンサーリンク
東マレーシア在住者のためのマレーシアへの帰国手順・隔離情報

マレーシア、先日の首相会見で「回復のための活動制限令(RMCO)」が1

マレーシア、活動制限令発令(期間中は原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑