*

エアアジア、本日よりコタキナバル空港第1ターミナルに移りました!

公開日: : 最終更新日:2016/01/05 お知らせ



これまでコタキナバル国際空港はエアアジアのみ第2ターミナル、それ以外の航空会社は第1ターミナルと分かれていたのが、本日12/1からすべての旅客が第1ターミナルでの発着になりました。今後第2ターミナルは貨物用のターミナルとなります。

数年前に第1ターミナルが改装拡張されて以来、旅客業務を第1ターミナルに集約する計画がずっと進められていたのですが、第2ターミナルを拠点とするエアアジア側の反対で何度も計画が延期されており、今回やっとの実現となりました。

今回もエアアジアCEOのトニーさんは最後の最後まで反対しており、結局最終決定がエアアジアや空港のスタッフに伝えられたのは変更3日前、12/1のチケットを予約していた乗客に変更の連絡が来たのが2日前、というかなりドタバタな変更です。知らずに第2ターミナルに行っちゃった人もいるかもしれませんね。そんな方のために12/7までは両ターミナル間を結ぶ臨時の無料シャトルバスが用意されているそうです。

離発着に使う滑走路自体はこれまでも第1・第2共通だったので、ターミナル変更によるフライトの発着スケジュールの変更はありません。

エアアジアの利用者だけでも毎日かなりの数なので、今日から第1ターミナルはかなり混雑するのでは…と思ってたのですが、今日お昼の時間帯に搭乗した人によると、第1ターミナルはいつもより空いてたくらいで、手荷物検査や出境審査も全く並ばずスムーズに入れたそうです。

一方、今日エアアジアで第一ターミナルに到着した人によると、入境審査や荷物の受け取りはスムーズだったけど、飛行機を降りてからイミグレに辿り着くまでにかなりの距離歩いたとのこと。お子様連れや荷物が多いと大変かもしれません。第2ターミナルでは着陸後10〜15分程度で空港の外に出てこれましたが、今後はお迎えや到着後の予定を組むのにこれまでより時間を長めに見ておいたほうがよさそうですね。

IMG_2255

エアアジアのチェックインカウンターは出発階一番右のDカウンターになります。先週見たときは何もなかったカウンターの周りにエアアジアの赤いセルフチェックイン機が設置され、一目でエアアジアのカウンターとわかるようになっています。

なお、これまで第2ターミナル利用時の空港税は国際線RM32、国内線RM6だったのが、今後は他の航空会社と同様に第1ターミナル共通の空港税、国際線RM65、国内線RM9になります。すでに予約分の航空券についてはターミナル変更による追加徴収はありませんが、今後の予約はすべて後者の第1ターミナルの空港税が適用されるため、実質エアアジアがこれまでより若干値上がりすることになります。

コタキナバル市街地から第1ターミナルまではタクシーで一律RM30。空いている時間帯で15分〜渋滞していると30分程度です。

これまで第一ターミナル、第2ターミナル、市街地を巡回していた空港シャトルバスも本日よりルートやスケジュール変更になります。最新の情報はこちらから。

空港のパーキングに車を停める場合の駐車料金は最初の1時間がRM1.50、以降1時間ごとにRM1です。



おすすめ記事

スポンサーリンク
マレーシア、活動制限令発令(3月18日〜31日の間、原則入国不可になります)

マレーシアでは先日クアラルンプールのモスクで行われた宗教集会で集団感染

コタキナバル渡航にあたっての新型コロナウイルス関連情報(3/11)

(出典:マレーシア保健省) 現在世界規模で新型コロナウイルス

人気シーフード店の“5リンギット”ごはん「ウェルカム食堂」

コタキナバルで人気のシーフードレストランといえば「ウェルカムシーフ

ドライブイン式マクドナルド?リカス湾の屋台村が復活新装オープン!

リカス湾に昔からあった屋台村「Anjung Selera(アンジュ

コタキナバルで安くビールを買える場所

コタキナバルに来られた方の旅行記を読んでいると「コタキナバル(マレーシ

→もっと見る



  • 当ブログはコタキナバルのオプショナルツアー、<NIKIBIX TOURS>のガイドの「しほ」が運営しています。ツアーのお問い合わせはこちらの問い合わせフォームLINEからお気軽にご相談ください。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!
  • Booking.com
  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑