*

リニューアルしたスパンガール島に行ってきました。

公開日: : 最終更新日:2018/07/30 観光スポット , , , ,

スポンサーリンク


これまで1日30人までの人数制限のあったスパンガール島。昨年末から人数制限が廃止され、施設が新しくなり、料金が安くなりました。

スパンガール島といえばのんびりくつろげる環境が魅力の島。リニューアルでどう変わったのか様子を見に、あえて団体予約が入っている日に行ってきました。

IMG_8165
ジェッセルトンポイントからいざ出発。

IMG_8201
こちらが新しくなった休憩所。広々スペースで、100人乗っても大丈夫!

IMG_8235
飲み物はセルフサービスでご自由に。

IMG_8210
トイレとシャワーが新しく増えていました。サピ島の悲惨なトイレと違ってスパンガール島はトイレが綺麗なのがありがたい。

IMG_8217
マッサージも頼めます。

IMG_8188
これまで島の休憩所の隣にあったダイブセンターは海の上(桟橋の先端)に移転。

IMG_8258
パラセーリングやバナナボートなどのアクティビティ、SUP(スタンドアップパドル)ボードのレンタルも始まりました。

IMG_8370  IMG_8395
以前は島に調理設備がなかったため、コタキナバル本土からボートで昼食を運んできていましたが、改装後キッチンが出来、そちらで調理した出来立ての料理を食べれるようになりました。品数がかなり増えてます。

IMG_8255  IMG_8428
この日は少し曇り気味。韓国からの団体さんが30名ほど来てましたが、皆さん休憩所でお喋りしたり写真を撮ったりしててほとんど泳がず、ジェットボートだけ体験して昼食後のボートで帰ってしまったので、特に騒がしい様子はなく、ビーチ貸切状態でのんびりすごせました。これでリニューアル前より料金が一人RM70も安くなったのはかなりお得。

ガイドブックなどにあまり載っていない穴場の島、かつ予約が必要なので、人数制限がなくなった後もサピ島やマムティック島などの国立公園の島に比べたらずっと空いています。人混みが苦手でビーチでのんびりしたい方はぜひ選択肢に加えてみてください。

スパンガール島ツアーの予約はこちらから。

■Sepanggar Island
アクセス:船着場「ジェッセルトンポイント」からボートで約15分。要予約
ツアー料金:大人RM150(昼食、シュノーケリングセットレンタル込)

 




おすすめ記事

ad

コタキナバル定番スポット&基本情報

コタキナバル旅行直前&現地からの情報収集で、こちらのブログに辿り着いて

IMG_4271
コタキナバルで食べたい!ローカルフードまとめ

マレーシア料理??ナシゴレン、ミーゴレン位しか知らないなぁ…という方が

IMG_6931
マレー料理の人気店「ポクディ・クラテ」2号店がオープン!

数年前、コタキナバル郊外のスパンガール地区にクランタン州出身のディさん

IMG_5885
タンジュンアルの新図書館がかっこいい!

タンジュンアルビーチの近くでずっと建設中だった州立図書館タンジュン

IMG_3336
スリアサバ3階に飲食店が続々オープン!

ショッピングモール「スリアサバ」の3階スーパー前フロアがリニューアルし

IMG_2032
手ぶらでキャンプ?グランピングを体験できる「カバナ・リトリート」

海外でキャンプをしてみたいと思っても、キャンプ道具を揃えたり、それ

IMG_E8464_2
金曜土曜限定!ガヤストリートのナイトマーケット

先月から始まった「Api Api Night Food Marke

→もっと見る




  • ボルネオ島コタキナバル在住13年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑