*

ローカルが選んだコタキナバルの人気レストラン、トップ20!

スポンサーリンク


コタキナバルの人気グルメサイトSabaheats主催、大手ホテルや地元ラジオ局などが協賛で、先月開催されたコタキナバルのレストラン人気投票「Sabah Food Awards 2015」の結果が発表されました。

http://www.sabaheats.com/foodawards2015/

ネットでの投票を通じて街中のレストランの中から上位20店を選出。結果は以下の通りですが、得票数や順位は発表されておらず上位20店がランダムに並べられています。サイトに掲載されていた得票率グラフによると、1位:ウェルカムシーフード、2位:リトルイタリー、3位:富源、4位:イーフン、5位:アッパースターのようですが、それより下は僅差でグラフを見ただけでは不明。

こちらの投票で上位20位に選ばれたお店の紹介と共に、各店の写真と日本語の情報もリンクを貼っておきます。全て市街地エリア内、徒歩で行ける範囲のお店です。

Bits and Bites

ウィスマムルデカG階の小さなお店。マレー菓子がいろいろ売られていて、買い物途中にお茶したり一息つくのに便利なロケーション。

→当ブログ記事「マレー菓子屋さん Bits & Bites」

Sri Latha Curry house

10296352_480416975422202_1412406067363620236_o
昔から人気のカレー屋さん。バナナリーフカレーやラッシーもおすすめ。ホテルシャングリラ近くのバンダラン・ブルジャヤ地区。

→All About記事「コタキナバルの街中インド食堂、スリラタカリーハウス」

Kedai Kopi Kim Hing Lee

7345_604749686322263_7045935352000848372_n
コタキナバル名物ポークヌードルが人気。メリディアン裏のシンスラン地区。

→当ブログ記事「ポークヌードル(生肉麺)の老舗、キムヒンリー」

Kedai Kopi Seng Hing

IMG_1419
キムヒンリーと同じくシンスラン地区のお店。トムヤムミーとトゥアランミーが人気!

→当ブログ記事「成興茶室のトゥアランミーゴレン&トムヤム」
→All About記事「コタキナバルで食べるご当地麺、トゥアランミーゴレン」

Welcome Seafood

IMG_7694
コタキナバルのシーフードレストランで一番人気。アジアシティ地区。

→当ブログ記事「ウェルカムシーフード」
→All About記事「コタキナバルのシーフード料理&レストラン」

Yu Kee Bak Kut Teh

IMG_7191
ガヤストリートの有名バクテー屋さん。昔と比べると観光客が増えましたが、相変わらずローカルにも人気です。

→当ブログ記事「肉骨茶(バクテー)人気店、祐記 vs 新記」
→All About記事「コタキナバルの肉骨茶(バクテー)人気店、祐記茶室」

Fook Yuen Bakery Cafe

IMG_9852
ガヤストリートやアジアシティコンプレックスなど市内数店あり。カフェテリア形式でロティカーウィンが有名ですが、飲茶や麺類などいろいろ選択肢があるのも魅力。

→All About記事「その名も結婚パン!ココナッツ香る魅惑のサンドイッチ」

5 Star Hainanese Chicken Rice

21690_237752296355339_209556519_n
センターポイント4階、ガヤストリートなど観光客もよく行く場所に支店がある海南チキンライスのチェーン。ガヤストリート店はビールも置いてます。

Kedai Kopi Yee Fung

IMG_6218
コタキナバルでラクサといえばここ!リピーターさんの間では定番中の定番ですが、ローカルの間でも根強い人気。

→当ブログ記事「ラクサの人気店、イーフン」
→All About記事「コタキナバルで『ラクサ』を食べるならイーフンへ」

Kuo Man Restaurant

IMG_9176
幅広麺のコンローミーが人気のお店。スープの具がいろいろ選べて写真のは牛筋です。本店はコタキナバルの町から車で10分ほど離れたジャラン・トゥアラン沿いにあります。一時期スリアサバのフードコートにも支店を出していましたがそちらが閉店して、その後ワリサンスクエアに支店を出したようです。

Keng Wan Hing

IMG_7388
焼きたてパンと熱々の中華まんが人気のガヤストリートの食堂。焼きたてメロンパンの中に自家製パイナップルジャムが詰まったパイナップルパン(Polo Bun)もぜひ。

→All About記事「アジアの食堂で見つけた!焼たて絶品パイナップルパン」

Sin Kee Bah Kut Teh

IMG_2687
ライバル?の祐記肉骨茶とともに入選。得票率では祐記肉骨茶の方が上ですが、こちらの土鍋で出てくる肉骨茶にも根強いファンがいます。ガヤストリートから一本海側の通り。祐記肉骨茶のすぐ近くです。

→当ブログ記事「肉骨茶(バクテー)人気店、祐記 vs 新記」
→トラベルコちゃん記事「人気のバクテーを熱々の土鍋で召し上がれ!」

Kedai Kopi Melanian

IMG_4677
パンタイ通りのメラニアン(金沙園)。こちらもポークヌードルのお店。個人的にはここより上で挙げられている「キムヒンリー(金興利)」のポークヌードルの方が好きですが、どちらもいつもお客さんが入っている人気店です。

Fong Ip Coffee shop

380930_237752493021986_2133713050_n
ガヤストリートの真ん中あたり。KKスイーツホテル隣の食堂。富源(フックユエン)と似たようなカフェテリアスタイルのお店です。最近チェンドル(かき氷)の販売も始めました。

Little Italy

IMG_3592
近年は美味しいイタリアンレストランも随分増えてきましたが、老舗のリトルイタリーがぶっちぎりの入選。ウィスマムルデカ向かい、キャピタルホテル下のいつも混んでいる人気店です。

→トラベルコちゃん記事「コタキナバルで一番人気のイタリアンレストラン」

Upperstar Restaurant and Bar

IMG_5519
洋食もマレー料理も楽しめてお酒も飲めるファミレス的なお店。家族やお友達とわいわい食事するのに向いています。ハイアット隣のお店が昔からある一号店ですが、最近はスリアサバ、IMAGO、ワンボルネオなどのショッピングセンター内にも多店舗展開しています。

October Cafe

10574316_537185699745329_3856002235982825478_n
コタキナバルのコーヒー通に人気のオシャレカフェ。場所はバックパッカー宿が集まるオーストラリアプレイス。

→当ブログ記事「オクトーバーコーヒーハウス3号店オープン!

MadBen   

IMG_9325
ガヤストリートのカフェ。ラクサのイーフンやファイブスターチキンライスの並びにあります。ピザやパスタなどの洋食が美味しいカフェなのでお茶だけでなくちゃんとした食事にも使えます。

Pasta Pasta

IMG_9277
ガヤストリートのパスタスタンド。店内でも食べれるし、テイクアウトも可能。ファストフード感覚の紙のカップに入ったパスタですが、パスタの種類、ソース、具材の組み合わせを好みで選べて味は本格的。ちょっと小腹が空いたときやお子さんがマレーシア料理を受け付けないときなどに重宝するお店です。

Shoney’s Dining and Bar

ガヤストリートの端、トンヒンスーパーの並びに昨年オープンしたお店。洋食、グリル系の料理が中心ですが、お酒も飲めて雰囲気の良いダイニングバーです。

以上人気の20軒。各店の場所が載った地図はこちらからダウンロードできます。また2016年5月現在、観光局のツーリストインフォメーションなどでもこの地図の載ったパンフレットが配布されています。

ローカル受けするお店(マレーシア料理にこだわらず、味、値段、雰囲気のバランスで評価)と日本人観光客受けするお店(マレーシアらしい雰囲気やコタキナバルならではの料理が楽しめるお店)で傾向に違いはありますが、それでもローカルに人気のお店はハズレなし。ぜひ食事のお店選びの参考にされてみてください。



おすすめ記事

2020年 サバ州 祝祭日・イベントカレンダー

来年2020年のマレーシアの祝日、スクールホリデーの日程をまとめまし

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑