*

牛什麺(ニューチャップ)の名店「玉宝」

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 グルメ , ,

スポンサーリンク


IMG_5260

牛什麺(ニューチャップミー)とは客家料理の牛肉煮込みスープ麺。ニューチャップ屋はコタキナバル市内に数あれど、その中でもナンバーワンといわれる名店が郊外のムンガタルにあります。

IMG_6097

店の名前は「玉宝(ニョクパウ)」。

30年近く前からムンガタル商店街で営業しているお店で、元々の店主→息子に引き継がれ、現在このムンガタル店は娘さん(お嫁さん?)が切り盛りしています。元店主のお父さんはイナナムの店に屋台を出し、息子さんはリンタスに支店を開き、現在はトゥアラン、テノムなんとクアラルンプールのミッドバレーメガモールのフードコートやジョホールバルにも家族で手広くお店を展開して現在全7店舗。

ここの牛什麺の特徴は飲み干したくなる優しい味のスープと肉の柔らかさ!牛の薄切り肉、すね肉、胃袋、スジ、ミートボールが入っていますが、どれも柔らかくしっかり味が染みています。

麺はミー、ミーハルス、ミーフン、クイティアオから選べます。私はフォーのようなクイティアオ派ですが、細麺のミーハルスもラーメンぽくて美味しいです。

昔と比べるとここもかなり値上がりし一杯RM10になりましたが、この美味しさと牛肉のボリュームなら納得の値段。

街中にお店がないので旅行者の方は行きにくいですが、郊外の街に足を伸ばした際にNyuk Pauの名前を見かけたらぜひ試してみて下さい。

—–

2016年5月追記)

「玉宝」ついに街中に進出!ガヤストリートの「KHEN NAM HONG」という食堂に屋台出店しました。

IMG_6138

早速こちらの牛什麺を食べてみましたが、自慢のスープの味は本店と変わらぬ美味しさ。具のお肉はムンガタルの本店やイナナム店の方がジューシーで柔らかい気がしますが、街中で食べられる牛什麺の中ではやはりここがイチオシです。本店ではネギがトッピングされてますが、こっちのは載ってなかったので見た目がちょっと地味ですね。そのせいなのか量の違いなのか、こちらは本店より安くて一杯RM9でした。

IMG_6290

ガヤストリートの門から入ってすぐの右手、ラクサで有名なイーフンの2軒隣です。

■Nyuk Pau Ngiu Chap




おすすめ記事

ad

コタキナバル定番スポット&基本情報

コタキナバル旅行直前&現地からの情報収集で、こちらのブログに辿り着いて

IMG_4271
コタキナバルで食べたい!ローカルフードまとめ

マレーシア料理??ナシゴレン、ミーゴレン位しか知らないなぁ…という方が

IMG_5946
エアロポッドの空港シャトルバスと3色ジュース屋さん

空港の近く、サバ州立鉄道タンジュンアル駅の隣にできたショッピングセ

calendar_icon1
2019年 サバ州祝祭日&イベントカレンダー

来年2019年のマレーシアの祝日、スクールホリデーの日程が発表されまし

IMG_5925
タクシーより便利でお得!コタキナバルでGrabを使おう

一般の車をタクシー代わりに呼び出せる配車アプリ「Grab(グラブ)」。

コタキナバル市立モスクの見学手順が変わりました

ひと月ほど前に外国人観光客二人が露出の高い服装でモスクの塀に上

IMG_4465
マリオット・コタキナバル、ついにオープン!

世界最大のホテルチェーン、マリオット・インターナショナルがついにコ

→もっと見る




  • ボルネオ島コタキナバル在住13年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


PAGE TOP ↑