*

ボルネオ伝統料理カフェ「リトルスラップ」

スポンサーリンク


IMG_4643
マレー料理とはまた全然違うボルネオ先住民族の料理、興味ありますか?

マリマリ文化村ディ・プレイス・キナバルなどのビュッフェでも伝統料理を味わえますが、ランチなどで気軽に食べてみたいという方にはこちらがおすすめ。デワン通りのおしゃれカフェエリアの「リトルスラップ」。

本店は街からちょっと離れた場所で車がないと行けなかったのですが、最近街中に支店オープンしました。大通りからも見えるピンクのドアが目印。

IMG_4658 IMG_4657
ロフトスペースもあって雰囲気のあるこじんまりとしたカフェです。

IMG_4647
こちらがおすすめメニュー。
1番の「オリジナル・サバハン」は赤米にバンバガン(ワイルドマンゴーの漬物)、トゥハウ(生姜の仲間の酢漬け)、ロスン(島らっきょうのような野菜)を炒めたものなど。ドゥスン族の定番伝統料理がワンプレートにまとめられています。

私のおすすめは2番の「アンブヤットセット」。コタキナバルより西側に住んでいるブルネイ族やビサヤ族の人には「アンブヤット」、やや内陸よりに住むドゥスン族の人たちには「ナントゥン」と呼ばれ、サゴ椰子のでんぷんをお湯で練ったわらび餅のようなものに、ターメリックや魚だしの効いた酸っぱいスープやチリソースを絡めておかずと一緒に食べる料理です。

IMG_4679
こちらがアンブヤットセットで、奥の器に入っている半透明のものがアンブヤット。トングのような「く」の字のお箸「チャンダス」でいただきます。

IMG_4759
揚げ魚や付け合わせの野菜料理も付いてきて盛りだくさん。


動画に撮ってみましたが、巻きつけるのがまだ下手くそです。これが上手に食べれるようになれば、あなたも先住民族の仲間入り?!

こちらの人はアンブヤットは噛まずに飲み込んで味わうものだと言いますが、はっきり言って無理。喉に詰まって窒息の危険アリです。
噛んで食べても美味しいので、おかずと一緒にしっかり味わって食べましょう。

見慣れない料理に抵抗のあるお子様には、フライドチキンやミートボールなどの洋食メニューもありますし、飲み物メニューも充実しているので、カフェとしても利用できます。

食べたことのない料理を体験してみたい方、ぜひ試してみてください。

■LITTLE SULAP
アクセス:ガヤストリートから一本山側にある大通り(Jalan KK Bypass)沿い。デワン通りのおしゃれカフェエリアの真ん中あたり、ビルビルカフェCAMACAの中間の位置です。
営業時間:10:00〜22:00



おすすめ記事

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

ムル国立公園近くの温泉 / Lipang Lewan’s Hot Spring, Mulu, Sarawak

今回ムルで家族が村の中をジョギングしてたときに見つけたこち

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑