*

コタキナバルの新バスターミナル「KKセントラル」開業にともなうバス乗り場移転

スポンサーリンク


IMG_7143
6年かけて工事していたコタキナバルの新しい長距離バスターミナル「KKセントラル」が7月20日ついにオープンしました。

これまでコタキナバル発の長距離バスのうち、

・サンダカン、ラハダトゥ、タワウ、センポルナなどの東方面行きのバス
→郊外のイナナム・バスターミナル

・クダット、コタマルドゥ、コタブルなどの北方面行きのバス
・ケニンガウ、テノムなどの南方面行きのバス
・ラナウやタンブナン行きのバン
→ムルデカ広場前

ブルネイ、リンバン、ラワス、シピタン、ボーフォート、ムヌンボックなどの西方面行きのバス
→コタキナバル市役所近くの裁判所前

で発着していました。

新ターミナルの完成に伴い、このうちの西方面行きのバスの乗り場が「KKセントラル」発着に変更になりました。裁判所前のバス乗り場は使われなくなり、それ以外のバス乗り場は従来のままです。

IMG_7227
さて、この新しいバスターミナル「KKセントラル(centralではなくsentral)」、場所は街の南側「ワワサンプラザ」と「IMAGO」の間の建物になります。

ブルネイ、リンバン、ラワス、シピタン、ボーフォート、ムヌンボック行きのバスに乗る人はこちらのバスターミナルに向かってください。

IMG_7147
街の中心から歩いて行くなら、ワワサンプラザ側からの歩道橋を利用すると便利です。エスカレーターの入口は塞がれていましたが、この裏側の階段で上れます。(22日に完成式典が行われるので、22日以降はエスカレーターも使えるかもしれません)

IMG_7175
歩道橋と直結している2階の入口から建物の中に入ると、目の前にチケット売り場があります。

IMG_7180
こちらが時刻表。

IMG_7211
チケットはオンラインでも予約可能です。

IMG_7207
チケット売り場と同じ階には有料の荷物預かり所も出来るそうです。こちらはまだ営業していませんでした。

IMG_7191
チケットを買ったら、通路を渡って隣の建物の2階に入ると、待合スペースになっています。

IMG_7185
その隣は写真のようなブースに区切られていました。

各ブースにはガラスケースと棚。
かなりの区画数(ざっと見100区画近く)ありますが、一体何に使われるんでしょう??
お店でこのレイアウトだと用途はかなり限られそう。

(勝手な予想ですが、もしかしたら海沿いのハンディクラフトマーケットをここに移すのかも?ブースの規模といい、ガラスケースと棚の組み合わせといい、雰囲気が似てるので。)

IMG_7194
1階に降りると、乗り場の隣のレストランが一軒だけ営業していました。それ以外、お店らしきものはまだ何もなし。

コンビニやファストフードの店舗が入れば乗客にとっては便利なのに、あまり期待はできなさそうです。

IMG_7196
トイレはレストランの近く。有料30セン。トイレットペーパーはありません。

IMG_7204
乗り場はこんな感じ。プラットフォームが4番まであります。

将来的には他のバスもこちらで発着するようになると思いますが、全てのバスが待機出来るようなスペースはないので、どのように運用されるのかは不明。てっきりミニバス(路線バス)のターミナルになると思っていたのに、長距離バスターミナルになったのは意外でした。

今後他の路線についてもターミナルの変更があればこちらのブログにてお知らせしていきます。

IMG_7155
隣ではクラウンホテル建設中。出来上がるのは何年後でしょう。

■KK Sentral
アクセス:街の南側、ワワサンプラザ隣。
営業時間:バスの発着時間に準ずる(今のところ7:00〜17:00頃)



おすすめ記事

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

ムル国立公園近くの温泉 / Lipang Lewan’s Hot Spring, Mulu, Sarawak

今回ムルで家族が村の中をジョギングしてたときに見つけたこち

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑