*

金曜土曜限定!ガヤストリートのナイトマーケット

公開日: : 最終更新日:2019/05/16 グルメ , , , ,

スポンサーリンク


IMG_E8464_2
先月から始まった「Api Api Night Food Market」。毎週金曜と土曜の夕方6時〜深夜2時、コタキナバルのガヤストリートを歩行者天国にして開かれるウイークエンドナイトマーケットです。

ガヤストリートといえば、毎週日曜の午前中に開かれる「サンデーマーケット」が有名ですが、サンデーマーケットが食べ物、苗木、ペット、骨董品、お土産…と何でもアリなのに対し、こちらは食べ物屋台が中心。

まだガイドブックにも載っていなくてあまり存在を知られていないので、こちらで写真とともにご紹介します。

お食事系

IMG_8378_3
シーフードBBQ

IMG_8393
タコ焼いてました。

IMG_8476_2
餃子屋台。焼き餃子・水餃子が選べます。
(餃子のキャラ?がなにか別のモノに見えた私は心が汚れているのでしょうか…)

IMG_8399_2
ペナン・クイチャオやサラワクのちまきなどマレーシア各地の味覚も楽しめます。

スイーツ・飲み物系

IMG_8384_2
サンデーマーケットでもおなじみのスイカ・パイナップル丸ごとジュース。

IMG_8433
なんだかカラフルな飲み物も売られています。

IMG_8443
濃厚なココナッツミルクのアイスクリームが人気のテンプルンカフェの屋台も。

果物系

IMG_8473IMG_8411_3
果物を売る屋台もあちこちに。

IMG_8409
こちらはなんと!焼きドリアンの屋台!ドリアンをアルミホイルで包んで炭火で焼いています。
昔同じことを考えてドリアンをガスコンロで焼いて食べてみたことはありますが、特に味は変わりませんでしたw 炭火だと違うのでしょうか…??

エンターテインメント

IMG_8454   IMG_8416IMG_8369_2
バンド演奏や弾き語りなど、地元のミュージシャンたちが多数演奏していました。
特にガヤストリートの入口で演奏していた「Kanang Busker」というグループは、サバ州の民族楽器を取り入れた演奏で最高にかっこよかったです!

フードトラックエリア

IMG_8361_2IMG_8358_2
ガヤストリートの入口の門から離れた北側の方はフードトラックゾーン。
ここ数年コタキナバルではフードトラックが流行っていろんなお店を見かけるようになりましたが、それらがこの時間はガヤストリートに大集合しています。

IMG_8355_2
サンデーマーケットより規模は小さく、この噴水のところで歩行者天国はおしまいです。

IMG_8346_2
バクテーの人気店、祐記肉骨茶など、周りのお店も通常通り営業しているので、夕食はレストランでゆっくり食べてから、腹ごなしにナイトマーケットを覗いてみるのも良さそうですね。

IMG_8365_2
海沿いで毎晩やっているナイトマーケットと比べると、道がゆったりしていて歩きやすく子連れでも安心な雰囲気です。実際小さなお子さん連れの家族をたくさん見かけました。海沿いのマーケットはイスラム屋台限定ですが、こちらは中華系の屋台や先住民族系の音楽演奏などもあり、より民族色豊かな印象。

まだまだ始まったばかりのウィークエンドナイトマーケット。今後定着すればコタキナバルの週末の夜の見どころになりそうです。

◼️API API NIGHT FOOD MARKET
営業時間:毎週金土 18:00〜翌02:00
場所:ガヤストリートの正門〜ペパーミント前の噴水までの間



おすすめ記事

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

ムル国立公園近くの温泉 / Lipang Lewan’s Hot Spring, Mulu, Sarawak

今回ムルで家族が村の中をジョギングしてたときに見つけたこち

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑