*

東マレーシア初のDuty Freeストア、ジェッセルトンモールにオープン!

スポンサーリンク


IMG_8283
ショッピングモールの「スリアサバ」と街の船着場「ジェッセルトンポイント 」の間の「ジェッセルトンモール」。建物が完成して2年以上ずっと空っぽの状態でしたが、今月1日、ついにこの中に免税店がオープンしました。

コタキナバル市内にはこれまでもデパートなど一定額以上の購入で免税手続きを行ってくれるところはあったものの、このような観光客向けのデューティーフリーストアは東マレーシア(ボルネオ島側)で初の店舗になります。

規模としてはデパートのワンフロア程度。どんなお店が入っているのか写真でご紹介していきましょう。

IMG_8306
免税店の名前は「ジェッセルトン・デューティーフリー」。

IMG_8310IMG_8324IMG_8325IMG_8344
中に入ると目の前には化粧品、香水売り場。

ロクシタン、アルマーニ、イブサンローラン、ランコム、ロレアル、ビオテルム、クラランス、エリザベスアーデン、イニスフリー、キールズ、バス&ボディワークス、ヴィクトリアズシークレットなど様々なブランドが入っていますが、資生堂やカネボウなどの日本のコスメブランドはなし。

IMG_8340
IMG_8379
化粧品以外にも、ファッション系だとマイケルコース、ベルサーチ、ポロラルフローレン、ラコステ、トリーバーチ、ヒューゴ・ボスなど。

IMG_8369
カバンのTUMI。

IMG_8384
ロレックス、オメガ、タグホイヤーなどの高級腕時計を扱うスイスウォッチギャラリー。

IMG_8367
スワロフスキーのお店も。

IMG_8348
シンガポールの紅茶ブランドTWGも扱うようですが、未入荷で棚にはゴディバのチョコが並んでいました。

IMG_8353
商品には正規価格と免税価格が併記されています。化粧品もチョコも免税率5〜6%程度でした。

IMG_8318
外国人観光客は400リンギ以上購入すると、のちほど奥のカスターマーサービスで免税価格との差額が返金されるという仕組みです。

IMG_8361
こちらがフロア奥のカスタマーサービス。
店内のレジで支払いを済ませて400リンギ以上分のレシートが溜まったらこちらで提出します。
その際、パスポートと出国航空券も提示が必要になります。
航空券は特に期限が決まっているわけではなく、出国のチケットを持っていることさえ証明できれば、長期滞在でだいぶ先の出国でもOKとのこと。
またプリントアウトでなくてもスマホ画面でEチケットを表示してみせるだけでOKだそうです。

レジでの支払いを現金で行った場合は税金分はその場で現金での返金、クレジットカードで支払った場合は1〜2ヶ月先にクレジットカード口座に返金されます。

IMG_8412
早速外には大型バスがたくさん停まっていて、中国人観光客の団体さんがお買い物に来ていました。

IMG_8397
トイレは地下に降りて右手に進んだ一番奥にあり、トイレットペーパーもオムツ替えシートもあって綺麗でした。

IMG_8298
入口横にはスタバもオープン。

地下フロアと2階はまだほとんど空き店舗ですが、この免税店のオープンをきっかけにテナントが増えていくといいですね。
スリアサバからも船着場からも徒歩2〜3分の距離です。

◼️Jesselton Duty Free
営業時間:月〜木 10:00〜21:00 、金〜日&祝日 10:00〜22:00

 

 



おすすめ記事

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

ムル国立公園近くの温泉 / Lipang Lewan’s Hot Spring, Mulu, Sarawak

今回ムルで家族が村の中をジョギングしてたときに見つけたこち

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑