*

ボルネオ伝統料理のビュッフェ・レストラン D’place Kinabalu

公開日: : 最終更新日:2018/03/12 グルメ ,

スポンサーリンク


IMG_1237
郊外にあった伝統料理の人気店が街中に移転して昨年末に新装オープン!旅行者の方も気軽に楽しめるビュッフェスタイルのお店に生まれ変わりました。お店の名前は 「D’place Kinabalu(ディ プレイス キナバル)」。街中にそびえ立つ「プラザ シェル」(写真↑)内のレストランです。

プラザシェルはシーフードレストランの「双天」などがある「スリスレラ・カンポンアイル」のすぐ隣に出来た新しいビル。G階にはメルセデスのショールームや銀行、1〜2階が店舗やレストランになっていて、それより上はオフィス階です。

IMG_4328
エレベーターで2階に上ると、フロアの真ん中あたりにD’placeがあります。

IMG_4318IMG_4326
店内はバンブーハウスのような雰囲気で結構広く…

IMG_4317
こんなお座敷席や…

IMG_4327
こんな個室も。

IMG_4313 IMG_4314
お料理は10品目以上あり、サバ州で一番人口の多いカダザン・ドゥスン族の料理が中心です。全体的に野菜をたっぷり使って、油をあまり使わないヘルシーな料理が多いのが特徴。他にブルネイ族のアンブヤット(写真の葛餅みたいなの)やマレー風のチキンカレーなどもあります。

それらに加えて、これ↓が食べられるレストランは今のところコタキナバルでここだけ!
IMG_4329
このお店ではなんと、先住民族たちの貴重なタンパク源だったサゴゾウムシの幼虫(ブトッド)も食べれちゃうんです。
こちらはビュッフェには含まれず別注文になりますが、幼虫の踊り食い、一匹3リンギット。

IMG_4315
生の踊り食いは無理!という方にはこちらのピザなんていかがでしょう?クリーミーでチーズとの相性もぴったり!?

別途注文しない限りビュッフェメニューに虫は入っていませんので、ご安心ください。

IMG_4316
夜の19:30からは伝統舞踊のショーもあります。

ランチタイム(11:00〜16:00)はアラカルトメニュー。ディナービュッフェ(18:30〜22:00)はひとりRM45.90 。ディナーでもひとり1300円程度で楽しめます!12歳以下は半額、5歳未満は無料。ドリンクはレモングラスティーが飲み放題でデザートもあり。

IMG_4324
別料金で地酒も注文できます。

IMG_4330
コタキナバルに来たら是非ボルネオならではの伝統料理にも挑戦してみてくださいね!

■D’place Kinabalu
住所:Lot 2.01 & 2.02, 2nd floor, Plaza Shell, Kota Kinabalu
アクセス:シーフードレストランが集まるスリスレラ・カンポンアイルの隣で999バーの向かいにあるビル「プラザ・シェル」の2階。センターポイントから徒歩5分
営業時間:ランチ11:30〜16:00(月曜はランチお休み)、ディナー18:30〜22:00 不定休
※イベント、貸切パーティーなどで内容や営業時間が変更になる場合もあります。



おすすめ記事

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

ムル国立公園近くの温泉 / Lipang Lewan’s Hot Spring, Mulu, Sarawak

今回ムルで家族が村の中をジョギングしてたときに見つけたこち

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑