*

地酒も飲めるBiru-Biru Cafe+Bar

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 グルメ , ,

スポンサーリンク


IMG_5205

以前ご紹介した「ボルネオバックパーカーズ」1階のカフェ「ボルネオ1945ミュージアムコピティアム」は残念ながら閉店してしまったのですが、その後オーナーが変わり、同店舗は改装されて新しいカフェに生まれ変わりました。

その名も「ビルビルカフェ+バー」。BILUはマレー語でBLUE(青)。名前の通り壁が鮮やかな青に塗られ、店内の壁は白く塗り直されたので以前より明るい雰囲気になりました。お店の入口にはSHARIKAT BIRU BIRUと書かれ古い商店を模したデザインの看板になってます。

そしてメニューも一新。この新しいカフェの特徴は、サバ州の伝統食材と洋食のフュージョン!そして地酒(リヒン・ムンタコ)が飲めること!これまで街中で地酒を飲めるお店はなかったので、これは貴重な存在です。

言葉で説明するより写真を見てもらう方が雰囲気が伝わると思うので今回は写真多めで行きます。

まずはカフェとして利用した日中の様子から。

IMG_5206 お店の入口

IMG_5216

カウンターの奥には地酒の瓶が並べられています。

IMG_5229

IMG_5225

白を基調としたお洒落な店内。壁にはレトロなポスターや地図、マッチのコレクションなどが飾られています。ん?奥に飾ってあるのはヤンマーの袋?

IMG_5243カプチーノRM7.90

IMG_5209 IMG_5211

↑メニュー。朝食メニューは13時まででそれ以外のメニューは終日提供。お食事のラストオーダーは10時ですが、飲み物とデザートはその後も注文可能です。このメニューには載っていませんが、地酒のリヒン、ムンタコ、そしてそれらを使ったカクテルもあります。(※サービスチャージ10%。この写真撮影後一部メニュー価格の変更があり現在は若干安くなっているメニューもあります。)

ここからはディナータイムの様子。夜になると食事とお酒を楽しむ人で賑わってます。

IMG_5818

IMG_5760

それもそのはず、ここはお洒落カフェだけど食事もお酒も安い。12:00〜20:00まではハッピーアワーでタイガービール3缶15リンギット。カクテルも一杯RM10程度、お食事も一品RM15リンギット(約500円)前後なので、値段を気にせず注文できます。

IMG_5785

フィッシュタコス(RM15.90)
味のアクセントにボルネオの生姜の仲間のTUHAU(トゥハウ)が入っています。トゥハウ美味しいんですがパクチーに似たクセがあるので、パクチーが苦手な方はトゥハウを使った料理(これとトマト&トゥハウパスタ)は避けた方がいいかも。

IMG_5791

ココナッツクリームとエビのパスタ(RM16.90)

IMG_5808

ヒナバ(RM14.90)。All Aboutでも紹介したボルネオ先住民族ドゥスン族の伝統料理です。地酒のつまみにぴったり。

IMG_5777

ノンアルコールドリンクのリビナ&ロンガンクーラー(RM6.90)

IMG_5842

地酒のリヒンとライチジュースのカクテル「フィーリング・グッド」(RM10)

このお店、ワッフルも人気。ココナッツアイスとグラムラカと呼ばれるヤシ砂糖の黒蜜がかかったワッフル(RM10.90)をデザートに頼んでる方も多くて、店内には甘いワッフルの香りが漂ってました。

S__17227783

ガヤストリートからも近いバックパッカー街の一画にあり、カフェとしてもダイニングバーとしても使える素敵なお店です。

Biru Biru Cafe + Bar
場所:Dewan通り。ボルネオバックパッカーズの下。
営業時間:8:00〜23:00



おすすめ記事

ブルネイのおすすめ安宿

成田~ブルネイ直行便が就航して、ブルネイ経由でコタキナバルに来られる

肉まんとパンの美味しい食堂、瓊萬興(ケンワンヒン)が改装オープン!

1984年創業、ガヤストリートの老舗食堂。以前All Aboutで

タンジュンアルのKFCは「世界一静かなケンタッキー」?

以前聴覚障害者が接客をするクアラルンプールのスタバが「世界一静かな

ムル国立公園周辺のレストラン・食堂

陸の孤島、ムル。 飲食店は数えるほどしかありません。 今回ムル

ムル国立公園近くの温泉 / Lipang Lewan’s Hot Spring, Mulu, Sarawak

今回ムルで家族が村の中をジョギングしてたときに見つけたこち

→もっと見る



  • ツアーのご相談はLINEでも受け付けています。

    -----------------------------------------
    「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2018~2019」299ページで当ブログが紹介されています!電子書籍版も販売中。
    -----------------------------------------
    まっぷるマレーシア2019年版が9月24日に発売になります。 ボルネオ・コタキナバル関連部分のチェックを担当させていただきました。
    -----------------------------------------
    マレーシアのローカル食堂を網羅したガイド本でありグルメ本。 コタキナバルのお店の取材のお手伝いをさせていただきました。
    -----------------------------------------

    旅の必需品。マレーシアのSIMカード、amazonでも購入可能!


  • ボルネオ島コタキナバル在住16年。NIKIBIX TOURS代表。All About 海外旅行「コタキナバル」オフィシャルガイド。育児の傍らフリーランスのコーディネーター&ガイドとして活動中です。

    観光のご相談、お問い合わせなどはこちらからお気軽にどうぞ。


  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
PAGE TOP ↑